出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ 出版業界 専門紙 新文化

ヨン様、狂騒曲の現場

 ヨン様が韓国へ帰国して、わが家に平和が戻ってきた。ウチのカミさんは「冬のソナタ」で水を得た魚のようにはしゃぎ、春そして今回のヨン様来日時には、いずれも成田空港に足を運んでいた。

 朝のワイドショーでは、なんとテレビ局のアナウンサーからインタビューされているカミさんの姿が映し出され“絶句”。さらにはカミさんの撮影したビデオがテレビ局に貸し出されていて、「ファン提供映像」として放映されてもいた。

 朝5時に家を出たカミさんは成田空港からヨン様を追いかけるように友達の車でホテルニューオータニへ。
高速道路の湾岸からレインボーブリッジを通り走り抜けていくヨン様をのせたBMWに負けじと、箱崎から先回りするつもりで箱崎から環状線に入るカミさん御一行ども。

 「ねえ、どこから下りれば一番早くホテルに着けるの?」と携帯で連絡してくるカミさんに「仕事中にそんな電話をしてくるなんて、なに考えてるんだ」とキレぎみの私。

 家に帰ると「今日は凄かったんだよ。明日のワイドショーが楽しみ」って一人で盛り上がっている。それから一週間、いろいろなテレビ番組で何回もカミさんの顔を見てしまう。
日本のバカ主婦の第一人者が私のとなりで黙々とテレビ録画の整理をしている。

 カミさんは自分がヨン様の横からちょっとだけ出ているスポーツ紙を片手に、「いまのマスコミはちゃんと伝えないねえ」」と一言。
「なにが?」と聞くと、ホテル前で混乱し、ケガ人がでた事件の背景を語りはじめた。

 ヨン様のマネジャーから「他のお客様に迷惑がかからないように配慮していただいて感謝してます」と言われたあと、「こういう状況ですので正面入口から車を出して、窓を開けてご挨拶します」との事で、整列して待っていたという。

 その後、ホテル側から「いま、裏口からヨン様は出ていったから帰ってほしい」といわれ、「ウソつき」コールが鳴り響き、ホテル側に詰め寄っている時、ヨン様の車が正面入口から本当に出てきて、将棋倒しになったという。

 「悪いのはファンで常識知らずって伝えられているけど、本当に悪いのはたった一人のホテルの人間なんだからね」

 カミさんは「事実の裏を伝えないと、そのことが正しく伝わらないよね」とポツリ。
「はい、わかりました」ってなんでオレが謝ってんだ!

編集長 丸島基和

(2004/12/1)

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社