出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ 出版業界 専門紙 新文化

「偽」の本

 (財)日本漢字能力検定協会は今年の漢字を「偽」と定め、今年も揮毫した書が大晦日まで清水寺の本堂に置かれている。

 11月の東北日販会で藤原直会長は今年の漢字は「これだ」と言い当てていた。凄い。

 原材料、産地、賞味期限など経営のためなら何でもごまかせ、というワンマン経営者の謝罪会見がこの1字に集約された。官庁でも裏金工作、接待疑惑、年金問題があり、耐震偽装、中国のニセキャラクターなど挙げればキリがない。

 ところで、本ってなんで「奥付け」の初版発行日が実際の発売日と違ってるのだろう。相当先の日付で記されてあるが、皆、当たり前と言わんばかりだ。

 出版社のなかには2週間、いや1カ月半先の日付を表記しているところもある。ある社は「大安」に合わせているともいう。

 書店や読者に少しでも新鮮な商品であることをアピールしたいというのが本音のようだ。

 「あっ、偽証してますね」と冗談まじりにいうと、「そんなこと言ったら、出版社全部がそうだよ」と言い、「雑誌の発売日なんか2カ月先の号数で発売してるじゃないですか」と続く。

 「あー、そうですね。でも、雑誌って店頭に2カ月も置かれないのに、なんでそうなるんでしょうか」「ところで、書籍ISBNには発売日がないですが、雑誌の月号コードはどんな意味があるんでしょうか」

 そもそも書籍に賞味期限があるとかないとかなんて、ちょっと前まで考えもしなかった。コンピュータ書や一部の実用書ではあったものの、一般的には、そんなことを言ったら出版文化を楯に怒られていただろう。

 私はこれまで、奥付けの初版発行日をみて本を買ったことがなかった。それでも出版社の人はいろいろと考えるのかなあ。

 今日発売の新刊はもう来年の日付なのかなあ。まだまだ勉強不足です。

 

社長 丸島基和

(2007/12/21)

バックナンバーへ

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社