出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ

2005年8月まで「編集長のページ」、その後「社長室」に改題した連載コラムです。

#116 霊安室にいた父

#115 フォーク曲げと書店の改善策

#114 変わるべきは

#113 おじさんが行けないコミケ

#112 夜の著者オーディション

#111 人と本気で接するということ

#110 「大橋会長、本当にそれでいいんですか」

#109 18番のセカンドに見た夢

#108 えっ、嘘、10万人!!

#107 疲れる本、デフレ病の出版社

#106 裏切られた10年!?

#105 ターフと台車

#104 言葉の力

#103 電子、電子、また電子

#102 違いすぎる意識

#101 OBたちの与太話

#100 専門取次の存在

#099 デジタル化に欠ける戦術

#098 子どもを支配する審判

#097 「書店」と「新古書店」と「古書店」の違い

#096 不況と万引き、その壮絶な闘い

#095 忘れられた本

#094 ポイントの「サービス」

#093 講談社ってやっぱり凄い

#092 日経新聞の商店街論

#091 今すぐ、関西の書店情報に耳を傾けて

#090 自己破産と民事再生の出版社

#089 父と子のカード

#088 古屋社長の決意表明

#087 三種の神器とクリスマス

#086 外の評価、内の評価

#085 黙って止めて

#084 70代への作法

#083 ヒンヤリとした巨大空間のなかで

#082 洋販ブックサービスとブックオフと出版業界

#081 チェックポイント

#080 山形のホーンテッドマンション

#079 定年退職者の矜持

#078 遊びも仕事も

#077 「怖いのは誰?」

#076 「偽」の本

#075 「余計なこと」

#074 倒産時のノウハウ

#073 余りにも悲しい倒産

#072 変人の、夏のひととき

#071 行きは環6、帰りは環7

#070 新潟県中越沖地震の取材に思う

#069 横暴なルール

#068 ちょっと疲れたパーティ

#067 田中社長の古くて新しい店

#066 外資系、大衆ゴルフ

#065 「何もしない会」はどう?

#064 それでも歩く営業マン

#063 雑誌はCVSのものじゃない

#062 85坪の書店を支える拍手

#061 神保町BFの読者謝恩

 
 
さらに以前のバックナンバーへ
#001〜#030  #031〜#060
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社