出版業界スケジュール 情報掲示板 取材ノート 編集長のページ 出版業界 専門紙 新文化


2002年3月

アスキー、3月末でゲーム事業から撤退

債務超過という厳しい財務状況で、ゲーム関連事業の継続はリスクが多いと判断。同分野は営業利益ベースで4年連続の赤字を計上。前期売上高は12億4800万円で、6年前の全盛期に比べ、10分の1に規模に落ち込んでいた。

【3月29日更新】

アスキーの新社長に小森哲郎氏が内定

現マッキンゼー・アンド・カンパニー東京支店プリンシパルの小森氏は4月1日付で顧問に就き、6月の定時株主総会で社長に就任予定。また、福島吉治、田端広道の両取締役は3月29日付で退任した。

【3月29日更新】

【人事】

インプレス インプレスパブリッシングカンパニーは、4月1日付で組織変更と人事異動を発令。管理統括部を新設。従来、インプレスホールディングカンパニーのグループ推進部が行ってきた総務系業務を引き継ぐ。これにより同推進部は廃止。これに伴う人事異動では、できる統轄部統轄部長に倉田真也氏、管理統轄部統轄部長に中島信敏氏が就く。

【3月28日更新】

毎日新聞社、「Hemingway」4月18日号(4月4日発売)で休刊

50代男性向けの趣味・カルチャー誌として2001年10月4日に創刊したが、部数の低迷が続いていた。

【3月28日更新】

bk1、新役員に日経BP経営企画室長の林秀幸氏

3月28日開催の臨時株主総会で取締役に林氏、監査役に日経新聞出版局長の喜多恒雄氏の就任を決定。異動は本日付。今回の役員異動は、出資社である日経BPと日経新聞の役員交代に伴うもの。退任する取締役の保森章男氏は日経BPに復帰、恩田敏夫氏は日経BP販売社長、監査役の堀川健次郎氏はQUICK副社長にそれぞれ就任する。

【3月28日更新】

インプレス、アフガン難民緊急募金に249万円寄付

不要になった未投函の年賀状などを全国から募集し、手数料を同社が負担、換金して募金にあてる「アフガニスタン難民支援チャリティ」の集計結果がまとまった。送付されたはがき総数は5万4790枚、寄付金総額は249万1792円。3月18日に日本ユニセフ協会通じ寄付された。

【3月28日更新】

書協、「人権擁護法案」に意見表明

言論・出版・表現の自由をそこなう恐れが大きく、真の人権救済を図るうえでも問題があるとして、廃案あるいは抜本的修正を求めている。

【3月28日更新】

NTTドコモ、電子書籍配信サービスのモニター募集

今秋から携帯端末「FOMA」及びPHSを利用したPDA向けの電子書籍配信サービスを開始するにあたり、4月からモニターを募集。岩波書店、角川書店、文藝春秋など出版社22社の小説など100点を提供する。

【3月28日更新】

【移転】

技術評論社 〒141-8676 東京都品川区上大崎3−1−1 JR東急目黒ビル(4月1日より業務開始)
日教販九州支社 〒813-6591 福岡市東区多の津1−14−1 FRCビル9F(4月4日より業務開始)
ゼンリン大阪営業所 〒550-0005 大阪市西区西本町2−3−10 西本町インテス1F (4月1日より業務開始)

【3月26日更新】

スターツ出版、「モバイルオズ絵本」の第3弾サービス開始

26日から、iモードサイト「モバイルオズ」で「校長先生の短いおはなし」の無料閲覧を始める。すでに、「ピヨリン」「トンカとピンキー」の絵本をリリースしている。

【3月25日更新】

【人事】主婦と生活社、広告本部長に羽地宏夫氏

3月28日付で、取締役広告本部長・白井啓輔氏が退任。後任の広告本部長兼広告営業部長には、販売促進本部販売促進部長の羽地氏が就任する。

【3月25日更新】

学研、7期連続の赤字決算

平成14年3月期は、単体ベースで139億円の当期純損失に。同社の中期経営基本計画では、人件費や製作コストを今後3年間で121億円削減する一方、家庭直販事業などの不採算事業を立て直し、3年後には営業利益率6%、当期利益48億円の黒字体質化図る。また、「はなまるきっず」など直販誌をスーパーなどで販売する。

【3月22日更新】

共同通信社、表記ミスで『世界年鑑2002』を回収

3月8日に初版1万2000部のうち3000部を取次ルートで書店に配本したが、「767頁の外国の皇室系図の人名に校正ミスがあった。正誤表を配布しても解決されないと判断した」(同社)として返品を要請。

【3月22日更新】

電子本書店PDABOOK.JPが、電子図書券キャンペーン

カシオのPDA「カシオペア・ラジェンダ」の新規購入者に、店頭で電子BOOK引換券を贈呈。電子書籍ダウンロードサイトPDABOOK.JPで利用できる。「カシオペア・ラジェンダ」には、ボイジャーのT-Time for PDAがバンドルされている。

【3月22日更新】

日本電子出版協会、CD-ROM付出版物の「貸出可否」識別マークを作成

公共図書館にとって貸出の可・否の判断が難しいため、出版社に共通マークの使用を薦めていく。マークは同協会ホームページで無料でダウンロードできる。

【3月22日更新】

「週刊少年マガジン」、増売のため創刊以来初のGW合併号とりやめ

講談社は「少年マガジン」のゴールデンウィーク前の合併号をとりやめ、通常通り、5月1日発売号を刊行。「8本連続!! 春の特大号」と銘打ち、プレゼント企画などで読者の取込みを図る。書店店頭で7億円の売上げ増を見込む。

【3月19日更新】

【訃報】山下書店代表取締役社長・山下重之(やました・しげゆき)氏

3月17日午後3時45分、東京・新宿石川病院で多臓器不全のため死去。78歳。通夜・告別式は密葬として、同20・21日に親族で営まれる。社葬は同25日午後2時から東京都杉並区永福1-8-1の築地本願寺和田堀廟所で執り行う。喪主は妻の朝子さん。

【3月19日更新】

【訃報】徳島・小山助学館会長・小山秀實(こやま・ひでみ)氏

3月18日午前10時50分に死去。90歳。告別式は3月21日午後1時から徳島市寺町95の2のイマデヤ 葵会館で。喪主は同社社長の眞己氏。通夜は同20日、親族のみで執り行う。

【3月19日更新】

ネット書店bk1、洋書のセレクトショップ開設
3月18日、サイト内に「Tokyo Gazette」をオープン。映画原作本やインテリア関係書など数10冊を独自に選書し、低価格で販売。

【3月18日更新】

インプレスTV、資格取得・大検講座を有料で
インプレスコミュニケーションズはワオネットと提携し、3月20日から資格取得・大検講座番組を中心とした「ブロードバンドスクールWAO!」をスタート。第一弾は色彩能力検定対策講座や大検・英語講座など4講座。視聴可能期間は4〜6カ月で、1コマ60〜90分。料金は3万1000円〜12万円。

【3月18日更新】

日販、大幅な組織改定、人事発令
営業本部を新設、阿部洋一郎専務が営業本部長に。経営戦略室、関連企業室、広報室を統合した。名古屋支社長の小林利夫氏が関東支社長に。名古屋支店長の吉島哲夫氏が同支社長に。経営戦略室長の安西浩和氏が流通計画室長に就き、役員待遇へ昇進した。

【3月18日更新】

【人事】
◇明屋書店 3月7日開催の取締役会で新役員人事を決定、 平山 興治氏が新常務取締役(山口明屋書店代表取締役兼務)に。

【3月18日更新】

東海日販会、新代表世話人に篠田元弘氏(自由書房)
3月14日、第46回通常総会で木和田寛二代表世話人(精文館書店)が相談役に就いて勇退した。出席者は書店161人、出版社246人で盛況に終わった。

【3月15日更新】

読書推進運動協議会、第44回「こどもの読書週間」開催
今年の日程は、4月23日から5月12日までの3週間。標語は「親子で行きたい 本屋さん」と決まった。

【3月15日更新】

講談社、15日に2002FIFAワールドカップ公式ガイドを日韓同時発売
初版40万部を発行、10万部の増刷が目標。3〜5月にかけて世界の20言語・60カ国以上で発売予定。昨年4月発行のプレビュー号は、発行30万部で70%の売行き。

【3月14日更新】

【訃報】実業之日本社相談役・増田義彦(ますだ・よしひこ)氏
3月13日午後12時35分に肺炎のため死去。94歳。通夜は同15日午後6時、告別式は同16日正午から東京都港区高輪3-15-18の高野山東京別院で執り行われる。喪主は長男で同社社長の義和氏。自宅は東京都新宿区若葉1-16-1。

【3月14日更新】

カルチュア・コンビニエンス・クラブ、店舗内にDPEショップ設置
3月9日から、東京・世田谷区の蔦谷書店馬事公苑店にデジタルプリントサービスを行う、「55ステーション」を実験オープンした。売場面積は約6坪。馬事公苑店は360坪。

【3月12日更新】

書協「春の謝恩価格本フェア」
参加申込みは3月20日の1日限り。1店1セットで先着100書店まで受け付ける。出品出版社は16社、総点数は110点・258冊。本体価格は34万6662円。申込みはファックスで。番号は03-5213-8070。
セット内容一覧

【3月12日更新】

日本地図共販、ITベンチャー3社と合弁会社設立
新会社のMAPSHOPは、国内地図や旅行ガイド、入手困難な外国地図、古地図などを専門的に扱うネット書店を運営するほか、地図をデジタル化する際の技術開発なども手がける。5月中にもサイトを開設し、実質的な事業を開始する。

【3月11日更新】

徳間書店、100%出資の販促子会社を設立
5月7日から営業を開始する。新社名は(株)トップサービス。資本金は2000万円。社長は、徳間書店の松下武義社長が兼任する。

【3月11日更新】

【人事】
◇リブロ 取締役・藤原雄二氏が商品管理部長と総務人事部担当を兼務。パルコの吉岡猛氏が顧問に就任。取締役相談役・佐々木征治氏、取締役・斎藤孝氏は退任した。

【3月11日更新】

【訃報】大阪屋元専務、現顧問・星文男(ほし・ふみお)氏
3月10日午前5時54分に脳腫瘍のため死去。65歳。通夜は同11日午後7時、告別式は同12日午前11時から大阪府東大阪市西岩田3-3-38のベルコシティホール八戸ノ里(TEL:06-6787-7979)で、星家・大阪屋の合同葬として執り行われる。葬儀委員長は大阪屋の鈴木一郎社長。喪主は妻の恭子さん。自宅は東大阪市六万寺町3-3-20。

【3月11日更新】

紀伊國屋書店、ハイブリッドウェブサービスをリニューアル
3月14日、7店舗の個店別で行っていた在庫検索を、9店舗の一括横断的なシステムに変え、利便性を高める。年内には20店舗に拡大の予定。店内在庫場所ナビゲーション機能による店頭購入促進の要因も含めて昨年5億円だった販売額を10億円に見込んでいる。ハイブリッドウェブサービスは、ユーザが店頭在庫を自宅のパソコンで検索・発注できるシステム。店頭の端末でも利用できる。

【3月8日更新】

【機構改革・人事】
◇河出書房新社 2月27日開催の定時株主総会・取締役会において執行役員制度を導入、営業本部長・野沢慎一郎、製作部長・吉田正夫の両氏が執行役員に就いた。

【3月8日更新】

出版労連の春闘、3月1日スタート
90単組が要求提出、単組平均の要求額は昨年を4460円下回る1万3938円。

【3月8日更新】

日販、オートマチックセール会開催
3月7日、静岡・舘山寺温泉のサゴーロイヤルホテルで記念研修会を行った。当日は日販の菅社長など役員12人のほか、書店150人など約200人が出席した。

【3月8日更新】

【訃報】文教堂書店溝ノ口店店長・村上白陽氏(むらかみ・はくよう)氏
3月5日、心筋梗塞で死去した。50歳。通夜は3月7日午後6時から、告別式は翌8日午前11時から、横浜・緑区の山水閣で営まれた。喪主は妻の陽子さん。自宅は横浜市旭区若葉台4−6−604。

【3月8日更新】

光文社「DIAS」が休刊
3月28日発売の4月11日号を最後に休刊する。30代男性向け週刊誌として昨年6月に創刊したが、売上不振が続いていた。

【3月7日更新】

出版流通対策協議会、第24回定期総会を開催
今年度の活動方針として、100社以上の会員数の拡大と財政の健全化を柱に掲げる。会長には菊地泰博氏(現代書館)が再選された。

【3月7日更新】

東京都書店商業組合、新古書店の盗品買取問題で都に要望書
青少年条例に、18歳未満の者の売却を禁止する条項の追加制定などを求める。

【3月7日更新】

道出版・松文館、書店の区分陳列に対し特別報奨金で支援
アダルトコミック等のセット申込書店に対し、スリップ1枚30円を支払うほか、ビニール袋を提供する。

【3月7日更新】

【社名変更】
マイクロデザインは4月1日付で社名をマイクロマガジン社に変更する。

【3月7日更新】

【移転】
◇井上書院 〒113-0034 東京都文京区湯島2-17-15 斎藤ビル4F
◇文芸社 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-1
◇産能大学出版部 〒158-0082 東京都世田谷区等々力6-37-12(3月18日より業務開始)
◇NECメディアプロダクツ 〒143-0006 東京都大田区平和島4-1-23 JSプログレビル
◇日販岡山支店 〒700-0082 岡山市磨屋(とぎや)町3-10(4月1 日より業務開始)

【3月7日更新】

【訃報】柴アなを(しばざき・なを=王様書房の柴ア繁社長の実母)氏
3月5日午後3時45分に老衰のため死去。93歳。通夜は同7日午後6時から、告別式は同8日正午から東京都目黒区中目黒3-1-6の正覚寺実相会館(03-3792-2257)で営まれる。喪主は繁氏。

【3月7日更新】

【訃報】黎明書房取締役会長・高田利彦(たかだ・としひこ)氏
3月5日、動脈瘤破裂により死去。78歳。通夜は3月7日午後6時から、告別式は8日午前11時から、名古屋・昭和区の「葬儀会館ティア御器所」(TEL052-858-7600)で営まれる。喪主は長男の康二さん。

【3月7日更新】

旺文社と三菱商事が業務・資本提携で合意
旺文社が3月中にも実施する第三者割当増資を三菱商事が全額引き受け、発行株式の25%を取得。増資額は明らかにされていない。旺文社が外部資本を受け入れたのは、今回が初めて。ブロードバンド環境を見据え、ネット上での学生向けテストや英語資格、e-learning事業などの新規事業を展開。三菱商事から取締役も含め、3〜4人の人材派遣も検討。
記者会見photoへ

【3月6日更新】

【訃報】仙台・金港堂相談役・藤原佐一郎(ふじわら・さいちろう)氏
3月6日午前2時5分、急性心不全で死去。87歳。通夜は3月11日午後6時、仙台市青葉区木町通2-2-13の斎苑別館で。告別式は同12日午後2時、同所で。喪主は長男の一志(ひとし)さん。

【3月6日更新】

【訃報】金子書房代表取締役会長・社長・金子善蔵(かねこ・ぜんぞう)氏
3月3日午前9時57分に肺がんのため死去、82歳。通夜は同7日午後6時から、告別式は翌8日正午から東京・調布市の明西寺で営まれる。喪主は妻・淳子さん。

【3月6日更新】

小学館、マクドナルドと提携
4月25日、フリーペーパーマガジン「ever DMC」を創刊、企画・編集を手がける。同誌は全国のマクドナルド約3800店に陳列し、マイクロバーコードで広告主のホームページへダイレクトアクセスできる媒体。発行元はエブリデイ・マック、広告は一ツ橋メディアレップが請け負う。

【3月4日更新】

八重洲ブックセンター、4月5日に石神井公園店をオープン
練馬区石神井に120坪、月商2200万円が目標。帳合は日販。

【3月4日更新】

ラックス、4月18日に橿原店をオープン
奈良県橿原市醍醐町の住宅地に260坪。帳合は栗田出版販売。

【3月4日更新】

【人事】
太洋社 3月1日付で取締役、牧剛氏に営業副本部長兼東部営業部長を委嘱、また3月16日付で商品企画部に児童書課を新設、商品企画部長、牧野伸一氏が児童書課長を兼務するなどの人事異動を発令する。

【3月4日更新】

楽天ブックス、アマゾンジャパンに続き完全無料配送サービスを終了
3月4日以降は、1500円未満の購買客に限り210円の手数料を徴収。アマゾンジャパンも2月以降、1500円未満の購買客から240円の手数料を取っている。

【3月1日更新】

トップへ

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社