出版業界スケジュール 情報掲示板 取材ノート 編集長のページ 出版業界 専門紙 新文化


2002年9月

インプレス、平成14年9月中間期連結決算を下方修正

売上高はIT分野の出版事業が不振のため、前回予想より2億円減の53億7000万円。経常損失は2億円増の8億5000万円、売上高の減少と出版事業の効率改善の遅れなどにより損失が拡大する見込み。当期純損失は7億5000万円増の12億5000万円。

【9月30日更新】

【移転】アスキー

本社および受注センターが次の住所に移転する。業務開始は10月15日。
〒160-8584 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル 出版営業局TEL03-5362-3300 受注センターTEL0570-00-5151

【9月30日更新】

大阪市の地図専門出版社、ワラヂヤ出版が破産申請

9月27日に大阪地裁から財産保全命令が下りた。負債総額は3億円とみられる。管財人は塩路広海弁護士(TEL06-6634-5881)。同社は1986年2月10日創業、資本金は1000万円。従業員50人。

【9月30日更新】

【訃報】大阪屋元社長・松本最(まつもと・まさる)氏

9月26日午後11時57分、死去。77歳。告別式は9月29日、大阪・吹田市の千里会館で営まれた。喪主は長男の剛一さん。

【9月30日更新】

ブックサービス、9月29日から16周年記念感謝セールを実施

抽選で1000名に書籍のプレゼント(15社・28点のなかから選択)を行うほか、手数料の無料サービス、謝恩価格本やDVDの割引販売など4つの特典でアピールする。これらの施策は初の試み。月商5億円体制の確立を目指す。

【9月27日更新】

岩波書店と大日本印刷、Jフォンで「広辞苑」を配信

10月1日から情報提供サービスを開始し、1カ月間の無料提供期間を経て、11月1日からは月額利用料100円での有料サービスに移行。「広辞苑 第5版」の全項目23万語の単語をはじめ、漢字6300項目、「岩波文庫」の名句などを配信する。

【9月27日更新】

日販の菅社長、中国「文化交流貢献賞」受賞

中国の読者に日本文化を紹介したことなどが受賞理由。9月27日の授賞式で「1983年に中国国家図書館に日本出版物文庫閲覧室を開設し、以来20年、日本の出版社150社余の協力を得て、現在までに21万冊の中国側が要望する図書を贈ってきた。今後とも日本文化の結晶でもある出版物を通じて、人と社会の一層の理解推進に寄与したい」と挨拶。

【9月27日更新】

神保町の5書店が「みすず書房フェア」実施

三省堂書店神田本店、東京堂書店神田本店、岩波ブックセンター信山社、書泉グランデ、書泉ブックマートの5店舗共同で、「神保町ブックフェア」の始まる10月27日から実施。スタンプラリー方式で、全店を訪問しスタンプを集めた読者には抽選でプレゼントも。神保町では初の試み。

【9月26日更新】

インプレス、9月27日に「Linux白書2003」刊行

同書はリナックス関連の最新動向(2002年8月時点)をまとめたもの。それによると、サーバを業務利用する企業のうち、64・3%の会社がOSにLinuxを導入。昨年の導入率35・5%から急伸長。利用用途では、ウェブ、メール、DSNなどのほか、この1年でデータデースなどのサーバとして急速に採用されている。

【9月26日更新】

メガネドレッサー賞に浅田次郎氏

文化界部門で受賞。政界部門で都知事の石原慎太郎氏、経済界部門で読売新聞社社長の渡邊恒雄氏など6人が選ばれた。授賞式は10月9日午後4時、IOFT(メガネ総合展)の会場となる東京・有明の東京ビッグサイトで。

【9月26日更新】

日書連、図書券の手数料率0・63%に決定

日本図書普及から申し入れのあった手数料率の3割カットに対し、0・85%から0・63%への引き下げを決めた。合わせて、図書カードリーダーの保守料金値下げと今後の図書券・図書カードのあり方を検討していく検討委員会設置も要望している。

【9月20日更新】

蒼馬社、東京地裁から破産宣告

負債は約1億9700万円。コミック、競馬本などを出版していたが、赤字決算が続き、債務超過となっていた。

【9月19日更新】

アマゾンジャパン、ヴァージンメガストアーズ・ジャパンと業務提携

9月19日、CD販売大手・ヴァージンのネットショップが、アマゾンサイトの機能・スタイルを全面的に採り入れてリニューアル。仕入から出荷までの作業も、すべてアマゾンジャパンに委託する。1500円以上購入で送料無料のサービスも実施。
http://www.virginmega.co.jp/

【9月19日更新】

昭文社、電子地図ソフトを販売

10月16日から書店とパソコンショップで「スーパーマップル・デジタルバージョン3」を発売する。地図の高品質印刷やPDAでも利用できる新機能を搭載したほか、情報の書き込み・管理ができるカスタム情報機能も充実させた。書店販売用はA4判書籍型パッケージ(CD2枚、関東版は3枚)で本体価格3800円。

【9月19日更新】

京王書籍販売、10月1日から1%のポイントサービス開始へ

京王グループ共通のポイントサービス導入に参加、啓文堂書店全店が対象に。

【9月17日更新】

太洋社決算、減収増益に

第49期決算概要を発表。売上高は438億8600万円(前年比99.0%)、営業利益は1億4575万円(同113.1%)、当期利益は6423万円(同142.2%)であった。また、取締役・牧剛氏が健康上の理由から退任、非常勤顧問に就任する予定。株主総会は9月27日に行われる。

【9月12日更新】

丸善ブックメイツが「ビジネス・コンビニ」事業に着手

ネットスクウェア?と提携、1号店は9月20日オープンの「大森ベルポート店」(東京・大森、32坪)。コピー、コンピュータ出力などビジネスマン向けサービスを行う。

【9月12日更新】

文教堂、ブックストア談を運営するエイシンの株式取得

9月9日開催の取締役会で、エイシンと株式取得で基本合意。ブックストア談の新大阪店や浜松町店など8店舗を子会社化する。屋号の変更については未定。

【9月9日更新】

シンポジウム「激論! 作家vs図書館−どうあるべきか」

日本ペンクラブ・言論表現員会が9月7日、東京・内幸町の日本プレスセンターホールで開かれた。近年クローズアップされてきた図書館の複本問題を中心に、著者、出版社、図書館員が激論を交わした。詳細へ

【9月9日更新】

トーハン、「Web-TONETS」バージョンアップ

10月1日から定期雑誌の販売管理サービスを拡充してスタートする。店頭での煩雑な業務の軽減、商品構成の見直し、適正な定期改正を促す。

【9月9日更新】

カルチュア・コンビニエンス・クラブ、CD分野で星光堂に業務委託

CD販売しているTSUTAYA660店舗のうち400店の仕入れ・物流業務を、オーディオ・ビジュアルソフトの国内卸最大手の星光堂に委託した。店舗への商品供給や店頭在庫の効率向上を目指す。

【9月3日更新】

講談社、「gli」など2誌休刊、来春「イブニング」を月2回刊に

同社初の月刊モード誌「gli」を11月22日発売号で、月刊レディースコミック誌「Vanilla」を来年1月18日発売号で休刊。また、コミック分野では、読みきり作品中心の女性誌「ザ・デザート」を11月9日発売号から月刊化し、月刊青年誌「イブニング」を来春より月2回刊に刊行形態を変更する。

【9月2日更新】

トップへ

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社