出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ


2007年1月

日書連・高須博久副会長、辞任の意向を表明

「4期8年務め、できる限りのことはやってきた。ここで一応の区切りをつけたい」として、愛知県書店商業組合の1月の理事会で辞任を表明した。5月の定期総会で承認を得た後、1回目の理事会で後任を決定する。高須氏(豊橋市・豊川堂社長)は1999年から愛知組合理事長、2001年から日書連副会長(読書推進委員会委員長)を務める。

【1月31日更新】

【人事】角川グループホールディングス

1月23日に開催した取締役会で、3月1日付で、連結子会社の角川ヘラルド映画の代表取締役社長を井上泰一氏(現・角川グループパブリッシング代表取締役社長)、角川グループパブリッシングの代表取締役社長を関谷幸一氏(現・角川グループパブリッシング代表取締役専務)に、同代表取締役専務を貴志学氏(現・角川・エス・エス・コミュニケーションズ常務取締役)とする決議を行った。なお、同日付で角川ヘラルド映画代表取締役社長・土橋壽男氏は取締役相談役に、また、井上泰一氏は角川グループパブリッシング取締役会長に就任する。さらに、角川ヘラルド映画は、同日付で角川映画に商号変更する。

【1月30日更新】

丸善、不正会計究明の外部調査委員決める

1月26日、野村修也中央大法科大学院教授(弁護士)、中村直人弁護士、小川真人「(株)KPMG FAS」取締役(公認会計士)の3氏に決めた。今後、内部調査委員会による調査内容、改善策の策定、経営責任の明確化などについて、意見を求める。外部調査委員会は1月19日に不正会計処理を発表した際に同日付で設置することを決めていた。

【1月26日更新】

中央経済社、本社で「平成18年新刊展示会」を開催

1月25日から東京・神保町の本社6階講堂で、昨年同社が発売した書籍402点と社史パネルを展示。会社法施行後はじめての3月期決算を前に、書店・取次会社にビジネスマン向けの棚づくりを提案している。2月5日まで(土・日曜日は休み)。入場無料。

【1月26日更新】

商品基本情報センター、558社から集配信料を徴収

2006年1月から書籍データの集配信業務を開始。昨年12月末の集配信課金承諾出版社は710社。うち、実際にデータを送付している558社から06年分を徴収。558社の登録点数は4万2558点。原則、トーハン、日販の2月末支払いから控除する。両社と取引はないが地方・小出版流通センターと取引があれば、同センターで。それ以外は同センターが直接請求する。

【1月26日更新】

電通とリクルートが資本・業務提携へ

3月9日付(予定)で、電通がリクルートの発行済み株式300万株を270億円で取得。株式保有率は5%となる。合弁会社を設立してフリーペーパー「R25」などのクロスメディア・プロモーションを展開してきたこれまでに加え、シニア向けビジネスの開発や非接触ICカード技術を活用した新メディア事業などを協同で手がける。

【1月26日更新】

ゲオ、プルークを連結子会社化

1月25日、CD・DVDの催事販売を中心に営業しているプルーク(東京都中野区)の株式100%をゲオの子会社ゲオサプライが取得した。催事商材などをゲオの直営ショップに取り入れ、中古商材との相乗効果を狙う。プルークの平成18年3月期売上高は3億4000万円。

【1月26日更新】

【人事】中央図書出版社

このほど、代表取締役に竹内恒雄氏が就任した。前代表取締役・上岡佑二氏は退任した。

【1月25日更新】

2006年出版物販売金額(推定)は前年比2.0%減に(出版科学研究所調べ)

書籍が前年比1.4%増の9326億円、雑誌が同4.4%減の1兆2200億円、合計で同2.0%減の2兆1525億円と2年連続のマイナスに。書籍は『ハリー・ポッター』6巻などのミリオンセラーや新書、ケータイ小説など好調ジャンルもありプラス、低迷の続く雑誌は同研究所調べで過去最大の落込み幅となった。返品率は書籍38.2%(同0.5ポイント減)、雑誌34.5%(同1.6ポイント増)。書籍の新刊点数は05年より約1200点多い7万7722点だった。

【1月25日更新】

「第52回小学館漫画賞」4部門の受賞作が決定

児童向け部門は中原杏氏「きらりん☆レボリューション」(ちゃお)、少年向け部門は田辺イエロウ氏「結界師」(週刊少年サンデー)、少女向け部門は田村由美氏「7SEEDS」(flowers)、一般向け部門は井浦秀夫氏「弁護士のくず」(ビッグコミックオリジナル)、審査委員特別賞はホイチョイ・プロダクションズ「気まぐれコンセプト」(ビッグコミックスピリッツ)。受賞者には、正賞としてブロンズ像「みのり」(中野滋作)と副賞として100万円が贈られる。贈賞式は3月2日午後6時から、東京・日比谷の帝国ホテルで催される。

【1月23日更新】

女児玩具キャラクター「シルバニアファミリー」のアニメ化に着手

小学館とエポック社、伊藤忠商事、コロムビアミュージックエンタテインメントの4社は「シルバニアファミリー」製作委員会を立ち上げ、6月20日に3DCGを使ったDVD3タイトルを発売する。小学館はDVDの発売に併せ、ストーリーコミックを発売する。DVD販売や「シルバニアファミリー」の商品化などで初年度25億円の売上げを目指す。

【1月23日更新】

【日販の書店売上調査】12月期は対前年比1.5%減と6カ月連続の前年割れ

雑誌は4.7%減と相変わらずの低迷、06年は終始前年割れとなった。ジャンル別ではコミック、文庫、新書、学参書、実用書、その他の6ジャンルが前年クリア。規模別では201坪以上が唯一前年クリアとなった。客単価は前年比0.1%減となった。

【1月22日更新】

TS流通協同組合、昨年12月期の売上げは11.8%減と7カ月連続の前年割れ

昨年12月期(12月1日〜31日)の売上げは、74書店(対前年比3.9%減)から7345件(対前年比8.6%減)の受注があり、対前年比11.8%減の782万2231円となった。

【1月22日更新】

「2007年本屋大賞」ノミネート10作品が決定

佐藤多佳子『一瞬の風になれ』(講談社)、三崎亜記『失われた町』(集英社)、劇団ひとり『陰日向に咲く』(幻冬舎)、三浦しをん『風が強く吹いている』(新潮社)、万城目学『鴨川ホルモー』(産業編集センター)、伊坂幸太郎『終末のフール』(集英社)、有川浩『図書館戦争』(メディアワークス)、宮部みゆき『名もなき毒』(幻冬舎)、小川洋子『ミーナの行進』(中央公論新社)、森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川書店)の10作品。前回より37人多い317書店・405人が投票した。1月22日〜2月末に2次投票を実施、4月5日に大賞作品を発表する。

【1月22日更新】

【訃報】小林日出夫氏(こばやし・ひでお=明徳出版社社主)

1月19日午後6時20分、胃がんのため死去。79歳。通夜は1月21日、告別式は同22日、東京・杉並区荻窪2-25-1の中道寺会堂で執り行われた。喪主は妻の真智子さん。

【1月22日更新】

嶋中書店、会社解散

1月10日付で会社解散の手続きに入った。現在、富士法律事務所(担当:鴨志田哲也弁護士=TEL03-3580-1021)に清算業務を一任している。鴨志田弁護士は「売上げ悪化により、これ以上続けても立ち行かないため」と理由を説明している。同社書籍の取り扱いなどについては同日付で各取次会社に通知済みという。

【1月18日更新】

故・岡本陸人(あかね書房創業者)の「お別れの会」

2月21日午前11時半から午後1時半まで、東京・一ツ橋の如水会館で行われる。喪主はあかね書房の岡本雅晴社長。世話人代表は上瀧博正氏(トーハン)、世話人は大橋信夫氏(東京堂書店)と山本時男氏(中央経済社)。平服での来場、また香典・供花を辞退する旨を伝えている。

【1月15日更新】

「本の街・神保町を元気にする会」が始動

古書店、新刊書店の在庫情報をリンクさせるなど情報の一元化や街全体のインフラ整備、イベント・企画の実施で地元主導の「町おこし」を展開。会長には三省堂書店社長の亀井忠雄氏。発見やエンタテインメントの街づくりを推進し、出版界全体の活性化を狙う。

【1月12日更新】

書店新風会、井之上新会長が3つの公約宣言

1月10日の総会で正式に新会長として承認された井之上賢一氏は、同日夕刻から行われた新年会で「売る・約束を守る・会員拡大をする新風会にする」と方針を述べた。現在、38法人の会員数を50法人にすると公言した。また、会員書店の2007年開店初日の実績は、前年同日比で平均106.1%と好調だったことが高須博久副会長から報告された。

【1月11日更新】

【訃報】岩波雄二郎氏(いわなみ・ゆうじろう=岩波書店相談役)

1月3日午後10時34分、病気療養中のところ、多臓器不全のため、日本医科大学付属病院にて死去。87歳。通夜・密葬は近親者のみで執り行った。社葬は2月1日午前11時から午後1時、東京・日比谷の帝国ホテルで営まれる。なお、香典・供物・供花の儀は固く辞退したい、としている。問合せはTEL03-5210-4000、岩波書店・総務部まで。

【1月9日更新】

小学館、三省堂神田本店裏にシアター開館へ

神保町活性化プロジェクトの核施設のひとつとして今年7月開館予定の「神保町シアタービル」の概要を発表。地下1・2階は100席のミニシアター。1階はチケット売場などのロビー。吹き抜けの2・3階は吉本興業が「神保町花月」を戦中以来の復活オープン。その上階にはお笑いスターの養成校「NSC」東京校が開校する。提携関係にある小学館と吉本興業が新たなエンタテインメント空間を提供。ビルは地下2階、地上6階。

【1月5日更新】

【人事】太田出版、新社長に岡氏

1月1日付で発行人兼営業本部長の岡聡氏が代表取締役社長に就任。中里幸途社長は相談役に。

【1月5日更新】

トップへ

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社