出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ


日経BP社(決算=12月期)

日経BPマーケティング、報奨制度拡充

5月9日、東京・水道橋の東京ドームホテルで「特約店会」および「雑誌グランプリ」贈賞式を行った。中島久弥社長は第44期(H28.1.1〜同12.31)売上高について、前年比5%減と報告。昨年個人賞を受賞した書店員を含めて発足した出版企画チーム「プラチナクラブ」から「世界が変わる100の技術」が生まれたことも付言。報奨制度も拡充すると話した。服部昌取締役が特約店の報奨制度について伸長率部門を3クラス毎に設定するなど変更点を伝えた。
年間売上金額部門1位は丸善丸の内本店、同伸長率部門1位はブックスタジオ新大阪店。書籍担当者部門は紀伊國屋書店梅田本店の黒田紗穂氏、ブックファースト阪急西宮ガーデン店の松原直樹氏、丸善ラゾーナ川崎店の石田健氏。
雑誌グランプリの販売部数増加数部門1位は旭屋書店なんばCITY店、同伸長率部門1位はブックファーストエビスタ西宮店。販売部数最多部門1位は紀伊國屋書店梅田店。法人の部は旭屋書店、精文館書店、トップカルチャーの3社が受賞した。雑誌担当者部門は旭屋書店なんばCITY店の池永昌弘氏、ブックスタジオ新大阪店の中川麻未氏、ブックファーストエビスタ店の藤谷菜々氏、有隣堂横浜西口店の安田信之氏。

【2017年5月10日更新】

日経BPマーケティング、「書籍」売上げ2年ぶり増加

4月20日、都内のホテルで行った「日経BPマーケティング特約店会」および「雑誌グランプリ」贈賞式の席上、中島久弥社長が第43期(H27.1.1~同12.31)における取次ルートの売上げを発表。「書籍」は前年比4.3%増で2年ぶりに前年を上回った。「雑誌」は同3.8%減。ムックを含め、全体で同2.3%減。
「年間売上金額」部門の1位は丸善丸の内本店、「同伸長率」部門1位はブックスタジオ新大阪店。「法人部門の売上げ」1位は丸善ジュンク堂書店。
特約店は40法人、121店舗。

【2016年4月22日更新】

日経BP社、減収増益の決算

4月20日、第44期(H23.1.1〜同12.31)の決算概況を発表した。
売上高は387億円(前期比4.5%減)、営業利益は15億円(同13.8%増)、経常利益は18億円(同12.5%増)。売上高の内訳は「広告」155億円(同5.1%減)、「販売」212億円(同4.1%減)、「その他」20億円(同2.6%減)。

【2012年4月23日更新】

日経BP社、減収増益の決算

3月10日、取締役会で2010年度(第43期)決算が承認された。売上高は404億8000万円(前年比5.4%減)、営業利益は12億8700万円(前期は10億5300万円の損失)、経常利益は15億5600万円(同7億4500万円の損失)。
売上高の内訳は「広告」163億4300万円(前期比7.8%減)、「販売」221億2400万円(同3.3%減)、「事業・その他」20億1200万円(同8.7%減)。そのうちインターネット事業の総売上げは2.8%増の59億4000万円と伸長した。

【2011年3月11日更新】

日経BP社、5年連続減収で赤字決算

3月12日、第42期(H21.1.1〜同12.31)の決算概況を発表した。
売上高は428億0500万円(前年比18.9%減)、営業損失は10億5300万円、経常損失は7億4500万円。当期最終利益は未公表であるが、損失であるという。
売上高の内訳は「広告」177億2700万円(同28.8%減)、「販売」228億7400万円(同6.5%減)、「事業・その他」が22億0500万円(同35.4%減)。

【2010年3月12日更新】

日経BP社、減収減益の決算

2008年12月期(第41期)の業績は、売上高が前年比1.1%減の527億5700万円で4期連続減収。営業利益は14億1300万円(同51.0%減)、経常利益は17億8400万円(同47.8%減)。「広告」が5.7%減と大幅に落ち込み、「販売」は0.8%の微増だった。インターネット事業の売上げが9.2%増の69億3300万円と伸長した。

【2009年2月2日更新】

日経BP社の2007年12月期決算、減収も4期連続の増益

売上高は前年比3.4%減の533億5800万円と3年連続の減収。営業利益は同2.6%減の28億8500万円と前年割れしたが、経常利益は同3.9%増の34億1800万円とプラスに転じた。売上高の内訳は「広告」263億9200万円(同4.8%減)、「販売」242億6800万円(同2.4%減)、「事業・その他」26億9700万円(同1.0%増)。全売上げのうち、インターネットの総売上げは63億4600万円(同21.0%増)を占めている。

【2008年2月4日更新】

日経BP社、減収増益決算に

2月19日、東京・白金高輪の同本社で第39期(平成18年1月1日〜同12月31日)の決算概況を発表した。
売上高552億4800万円(前年比1.0%減)、支出522億8700万円(同1.8%減)、営業利益29億6200万円(同16.9%増)、経常利益32億9100万円(同21.1%増)、税引前利益32億5600万円(同52.1%減)。

【2007年2月19日更新】

日経BP社、微減収増益の決算

2月10日、東京・白金高輪の同本社で第38期(05年1〜12月期)決算概況を発表。売上高557億8700万円(前年比0.4%減)、営業利益25億3400万円(同3.4%増)、経常利益27億1700万円(同5.6%増)、税引前利益68億0200万円(同200.1%増)。東京・平河町の本社ビル売却により約40億円の特別利益が発生、税引前利益が大幅に伸長した。

【2006年2月10日更新】

日経BP社、増収増益の決算

売上高約560億円(前年比2.1%増)で4期ぶりの増収に。営業利益24億5000万円(同75%増)、経常利益25億7000万円(同27.4%増)、税引前利益22億6000万円。部門別の売上高は、広告収入275億円、販売収入250億円、その他33億円。

【本紙2005年1月27日号より】

日経BP社、減収減益の決算

売上高549億円(前年比7%減)、税引前利益11億6000万円(同25%減)。3期連続の減収減益となった。部門別の売上高は。広告収入256億円、販売収入248億円、その他45億円。

【本紙2004年1月29日号より】

日経BP社、減収減益決算

売上高588億円(前年比9%減)。税引前利益は15億円(同70%減)。二年連続の減収減益決算の見込み。部門別の売上高は、広告収入275億円、販売収入265億円、その他48億円。販売収入のうち、市販関係は約74億円。

【2003年1月24日更新】

日経BP社、売上高は前期比3%減の643億円の見通し

税引前利益は同7%減となったが、51億円を計上している。現行の雑誌群は直販誌27誌、市販誌14誌。

【2002年1月22日更新】

トップへ

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

 

新文化通信社