出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ


TRC(決算=3月期)

図書館流通センター、第30期決算は微増収、大幅減益

平成21年3月期連結決算は売上高が前年比2.9%増の324億4000万円。図書館などに対する装備図書の納入事業は前年を割ったが図書館運営などの受託事業が急成長してカバーした。TRCマークのデータ事業が2桁減で、売上高は微増収に止まった。
営業利益は13億9100万円(前年比0.2%減)、経常利益は14億2000万円(同0.2%減)。事業構造改革のためにシステム費の一括償却などで特別損失を5億4200万円計上した結果、当期純利益は5億0300万円(同41.3%減)と大幅なマイナスとなった。

【2009年6月3日更新】

図書館流通センター、増収減益決算

平成17年3月期決算では売上高が前期比3・9%増の253億8900万円。図書館予算の減少傾向も市町村合併による新設館などの影響で前年をクリア。事務所経費などで販管費が増加、経常利益は16億0500万円(同2・7%減)に。連結対象のネット書店、ビーケーワン株式の評価損5億5500万円を計上した結果、当期純利益は6億1900万円(同33・6%減)を余儀なくされた。

【2005年6月21日更新】

TRC、減収減益決算

平成16年3月期決算は、売上高が前年比2・5%減の244億3900万円。図書館予算の削減が響いた。利益面では営業利益が16億0200万円(同11・5%減)、経常利益が16億5000万円(同11・1%減)。図書館旧蔵の書籍のデータ化作業が一段落したことを主要因に利益が減少。しかし、同期は前期のような多額の特損が発生しなかったため、当期純利益は9億1800万円(同29・2%増)と増益に転じた。

【2004年6月21日更新】

図書館流通センター、減収減益の厳しい決算

平成14年3月期決算は、売上高が前期比1・5%減の246億6900万円。経常利益が同17・8%減の16億3300万円、当期純利益は9億9700万円で、減収減益となった。公共図書館の予算減による図書・データ販売が減少、収益面を圧迫。

【2002年6月20日更新】

図書館流通センター決算、経常利益9.2%増で増収増益

第22期決算では、売上高250億4000万円で前年並み、既存公共図書館の活発化で、経常利益は19億8800万円。

【2001年6月11日更新】

トップへ

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

 

新文化通信社