出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ


有隣堂(決算=8月期)

有隣堂、増収増益の第63期決算

第63期(H26・9・1〜同27・8・31)の売上高は前年比3・9%増の524億1500万円となり、前期に比べ約20億円を積み増した。「OA機器」部門がパソコン納入などで伸長した結果、同32・0%増となったことが増収の主要因。利益面は人件費を中心とした販管費を1億2000万円圧縮するなどした結果、営業利益が4億9700万円(前年比7・8%増)、経常利益が3億7400万円(同28・5%増)となり、当期純利益は1億4400万円(同97・1%増)と倍近い伸びを示した。自己資本比率は13・2%、6年連続の向上。
役員改選では松信裕社長以下、取締役5人全員を再任した。なお、松信健太郎専務は9月1日付で常務から専務に昇任している。期中の新規店は「STORY STORY」と「トレアージュ白旗店」の2店、また3店をリニューアルした。11月25日開催の定時株主総会で決算諸案は可決承認された。

【2015年11月27日更新】

有隣堂、増収増益決算に

11月12日、横浜・中区のホテルニューグランドで第59回「浜有会」を行い、松信裕社長が第63期(H26.9.1〜同27.8.31)決算と事業活動について報告。増収増益決算となった。売上高などの数字については11月25日に行われる株主総会後、マスコミに発表する。
店売事業部とライフサポート部は減収したものの、官需営業部、オフィス営業部、書籍外商部の売上げが伸長して増収決算に貢献した。店売事業部では書籍・雑誌の売上げが低迷し、日販からの仕入れ額も減少、取引先全体からみる日販の仕入れ占有率も約4ポイント減少したようだ。松信社長は来店客が減少し、新規店の依存度が高まっている傾向が続く状況について「由々しき問題」とし、重く受け止めた。当日は取引先や出版関係者など約260人が出席した。

【2015年11月16日更新】

有隣堂決算、500億円台キープも減益に

11月25日開催の第62期定時株主総会で、2014年8月期決算を確定した。売上高は前年比0.4%増の504億0500万円と目標額をクリア、販管費も前年並みに抑えたものの、売上構成比の変化の影響を受け、各段階で減益となった。利益面は営業利益が4億6000万円(前年比18.4%減)、経常利益が2億9100万円(同35.8%減)。店舗の改装・移転などによる棚や什器の固定資産除却損など1億4000万円を特別損失に計上した結果、当期純利益は7300万円(同68.8%減)と大幅な減益を余儀なくされた。
分野別ではアスクルなど「カタログ商品」や公共図書館の運営など「受託業務」が売上げに貢献した。シェアが高い「書籍類」は前年比1.5%減、「雑誌」は同2.9%減と業界水準を上回ったが、前年並みには届かなかった。松信裕社長以下、全役員が重任した。第63期は売上高、営業利益ともに前期と同水準を目標に掲げている。

【2014年11月25日更新】

有隣堂、松信健太郎取締役が常務に昇格

11月26日、株主総会および取締役会を開き、松信健太郎取締役を常務に昇格させる役員人事を決めた。第61期(H24・9・1〜同25・8・31)の売上高は前年比2・2%減の500億0800万円。
アスクルなど「カタログ商品」(前年比2・0%増)や低シェアだが「教材類」(同30・6%増)などが前年をクリアする一方、「OA機器」(同6・5%減)やシェアの高い「書籍類」(同1・8%減)などが振るわず、500億円台を死守したものの、減収となった。販管費を約1%圧縮したが、利益面は営業利益が5億6400万円(同24・7%減)、経常利益が4億5300万円(同27・5%減)、当期純利益が2億3500万円(同24・5%減)と減益を余儀なくされた。期中、町田モディ店、長津田店、武蔵小杉東急スクエア店の3店を出店した。

【2012年11月27日更新】

有隣堂決算、売上高513億円で最終利益は増益に

2012年8月期(第60期)の連結決算を発表。売上高は513億1100万円(前年比1.3%増)、書籍・雑誌は横ばいだったが、アスクルを中心とした企業向け通販事業が好調で、全体を牽引した。
営業利益は7億4900万円(同11.2%減)、経常利益は6億2400万円(同12.8%減)。社員ボーナスの増額、テラスモール湘南店などの出店が主な要因。当期順利益は法人税等調整額の影響などから3億1100万円(同60.4%増)と大幅に伸長した。
役員人事は小澤真二取締役が常務に昇任。松信健太郎氏(店売事業本部長)と永井謙史氏(経営管理本部長)が取締役に新任した。

【2012年11月27日更新】

有隣堂、60期決算は増収増益

このほど、第56回「浜有会」を行い、松信裕社長が第60期(H23.9.1〜同24.8.31)決算の見通しを報告した。売上高が堅調に推移し、最終利益も前年実績を上回った。自己資本比率も高めたという。チェーン32店のうち6店で売上げを伸ばした。オフィス営業部は3年連続で増収増益の見通し。
当日は取引先を集め、松信社長が約1時間20分にわたり社業を報告。今回から主要出版社も招き、総勢250人が参集した。

【2012年11月9日更新】

有隣堂決算、過去5年で最高の最終益1億9400万円

11月25日開催の定時株主総会で2011年8月期決算を確定。売上高は前年比6・6%減の506億3700万円。前期の学校ICT特需30億円が今期はなく、東日本大震災の計画停電などの影響で、減収を余儀なくされた。
営業利益は8億4300万円(前年比3・4%減)、経常利益は7億1500万円(同1・8%減)。販管費を1億5100万円圧縮。特損の減少で当期純利益は1億9400万円(同280・7%増)と大きくブラス。また、借入金を約5億円圧縮し、財務体質の改善を図った。

【2011年11月25日更新】

有隣堂、大幅増益の決算に

2010年8月期決算は売上高は前年比0.7%増の541億8200万円、営業利益は同55.2%増の8億7300万円、経常利益は同100.8%増の7億2900万円、当期純利益は同73.5%増の5900万円となった。
売上高の内訳は、書籍が同4.3%減の217億3400万円、雑誌が同0.2%増の53億0200万円。そのほか、売上構成比の高いOA機器が同9.8%増の116億9300万円、カタログ商品が同0.5%増の76億5600万円となった。期中には書籍・文具店3店を出店し、2店を閉鎖。1店を移転した。

【2010年11月16日更新】

有隣堂決算、微減収も営業・経常利益が二桁増

このほど、第56回「浜有会」を行い、松信裕社長が第60期(H23.9.1〜同24.8.31)決算の見通しを報告した。売上高が堅調に推移し、最終利益も前年実績を上回った。自己資本比率も高めたという。チェーン32店のうち6店で売上げを伸ばした。オフィス営業部は3年連続で増収増益の見通し。
当日は取引先を集め、松信社長が約1時間20分にわたり社業を報告。今回から主要出版社も招き、総勢250人が参集した。

【2009年11月30日更新】

有隣堂、主力の本が前年並みで増収増益の決算

平成20年8月期(第56期)の連結業績は売上高が前年比1.8%増の546億5900万円。売上げの半分以上を占める書籍・雑誌が前年並みをキープする一方、OA機器やアスクル経由の文具販売がともに5%以上伸長した結果、増収を確保。利益面では新規店4店、リニューアル5店の一時費用などがかさんだため、営業利益が4億9800万円(前年比4.8%減)、経常利益は2億9300万円(同16.8%減)と減少。また、保有株式の売却益1億5200万円などを特別利益に繰り入れた結果、当期純利益は1億3600万円(同3.0%増)となった。

【2008年12月1日更新】

有隣堂、減収も最終利益増の好決算

平成19年8月期連結決算は売上高が前年比1.2%減の536億4500万円。文具通販事業が2桁以上伸長し、書店事業のマイナス分をカバーするも前年を下回った。利益面は営業利益5億2300万円(前年比3.8%減)、経常利益3億5100万円(同0.9%減)。市内遊休地の売却益5000万円など5400万円を特別利益に繰り入れる一方、閉店費用1億1600万円など1億4700万円を特損に計上した結果、当期純利益は1億3200万円に。当期は横浜西口コミック王国や戸塚モディ店など5店を開店、4店を閉店。

【2007年11月30日更新】

有隣堂、増収減益で赤字決算に

平成18年8月期決算は売上高が前年比4.1%増の542億6500万円。外商部門が順調、新規店の投入も貢献。営業利益は5億4300万円(前年比15.2%減)、経常利益が3億5500万円(同20.0%減)。
出店費用などが利益を圧迫した。減損会計の適用などで特別損失4億2400万円を計上、4200万円の当期純損失となった。役員人事では専務の笹島克彦氏が退任した。

【2006年11月29日更新】

有隣堂、増収増益の決算

平成17年8月期決算では、売上高519億4000万円(前年同期比3.3%増)、営業利益6億4095万円(同20%増)、経常利益4億4363万円(同26.7%増)、当期利益1億0526万円(同5%増)。既存店舗が堅調に推移し、官需営業、オフィス営業部門が業績を伸ばした。

【2005年11月29日更新】

有隣堂、増収増益の決算

平成17年8月期決算では、売上高519億4000万円(前年同期比3.3%増)、営業利益6億4095万円(同20%増)、経常利益4億4363万円(同26.7%増)、当期利益1億0526万円(同5%増)。既存店舗が堅調に推移し、官需営業、オフィス営業部門が業績を伸ばした。

【2005年11月29日更新】

有隣堂、増収減益の決算

平成15年8月期(第51期)決算では、売上高が前期比1・2%増の493億6300万円、経常利益が5億9300万円(同3・0%減)、当期純利益は1億6500万円(同13・2%減)。退職給付引当金などの影響で当期純利益が縮小した。第48期から3期連続で増収増益であった同社だが、当期は増収微減益の決算となった。

【2003年11月28日更新】

有隣堂、3期連続で増収増益の決算

売上高487億8800万円(前年同期比2.7%増)、営業利益8億4200万円(同7.1%増)、経常利益6億1000万円(同14.7%増)、当期利益1億9000万円(同89.1%増)。来年4月には六本木再開発地区に六本木店を約150坪で出店する予定。

【2002年12月5日更新】

トップへ

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

 

新文化通信社