出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
You Tube日本版説明会、「黒船との正しい関係を」角川会長

グーグルは11月25日、東京・大手町の経団連ホールで、動画共有サイト、You Tube日本版の「08‐09事業説明会」を開いた。
 ビジネスプレゼンテーション(写真)で登壇した角川グループホールディングスの角川歴彦会長兼CEOは、「You Tubeは黒船。どうやって正しい関係を築くかが大事。今のところ、中国など海賊版が多いところはあきらめているが、今後はあきらめないで新しいマーケットを築きたい。現在、You Tubeには自分で創ったコンテンツをアップしているユーザーが多いので、どうマネタリング(お金に)するか。新たなビジネスが生まれてほしい」と語った。

 説明会では、グーグルのコンテンツ担当副社長、デービッド・ユン氏が、サービス開始から1年半経ったYou Tube日本版の現状と今後の展開について説明。その後、エイベックスや角川デジックス、パナソニックなどのパートナー企業をゲストに、You Tube日本版をプラットフォームにしたビジネス展開についてプレゼンテーションを行った。
最初に登壇したデービッド・ユン氏は、日本でのコンテンツパートナーは100社を超え、(社)日本音楽著作権協会(JASRAC)からイーライセンス、ジャパン・ライツ・クリアランスの著作権管理3団体と契約していることを明らかにし、「著作権を守るコンテンツオーナーの意向に添っていく」方向を示した。ユン氏は、日本での展開について、「動画のトラフィックの70%以上がアメリカ以外であり、日本はそのなかでも重要な存在」とした。

 また、コンテンツパートナーが著作権を持つコンテンツが、違法にアップロードされていないかどうかを、20秒以下で自動的に判断する「コンテンツIDシステム」を紹介、「IDを発行している企業は、すでに300社以上あり、そのなかで90%以上のコンテンツについて収益化のオプションが選択されている。今後も、このシステムは精度を高めていく」と説明した。
また、他の収益化の取組みとして、動画広告や長編動画の配信、動画からの購入リンクなどを紹介し、「日本発のコンテンツをグローバルに展開し、パートナー企業がユーザーのコンテンツにかける熱意を活用できるような仕組みを作り、収益性の向上を図りたい」と述べた。

 続いて、コンテンツパートナーとなっている角川デジックスの福田正社長は、「アニメはもちろん、情報系コンテンツでも、企画は有効であり、今後も、企画を中心としたクロスメディア展開に取り組んでいきたい」と語った。
 また、(株)エイベックス・マーケティングの前田治昌アーティストマーケティング本部本部長は、「You Tubeもライブ性を持っており、単なる動画配信のみならず、コンテンツ育成、スタッフ育成の場としても活用したい」とし、パナソニック(株)/AVCネットワークス社の和田浩史映像・ディスプレイデバイス事業グループ商品企画グループグループマネージャーも、「これからのテレビはただ見るだけでなく、使うものになる」とし、You Tube視聴機能を付けたテレビを紹介した。

 
(本紙2008/12/11号掲載記事のダイジェスト)
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社