出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
虎の穴、特損で最終赤字に 売上高は初の170億円台

コミックとらのあなを運営する(株)虎の穴の平成20年6月期(第12期)業績は売上げこそ2桁増としたものの、前期損益修正損などで特別損失が膨らみ、最終利益は赤字となった。
売上高は前年比15.7%増の171億8500万円となり、創業以来初の170億円台にのせた。吉祥寺店(120坪)の新規開店やなんば2号店(42坪→139坪)の移転増床、三宮店(42坪→169坪)の増床に加え、ライトユーザー増加で既存店も健闘、通販部門も同17.5%増と大幅に伸びたことで、売上げが押しあげられた。
業容拡大に伴う人件費の増加やシステム投資などで販管費が同19%増となった結果、利益面を圧迫した。営業利益は1億9700万円(前年比32.0%減)、経常利益は1億5500万円(同29.0%減)となった。在庫の計上ミスを前期損益修正損に繰り入れたため、当期純損失は2億1300万円となった。
分野別の売上高は次の通り。
▽商業誌=42億0200万円(同19.7%増)
▽同人誌=55億1800万円(同18.0%増)
▽メディア=23億9700万円(同15.2%増)
▽その他=50億6000万円(通販・玩具・ダウンロード事業ほか)

同社は12月1日、東京・秋葉原にあった本社を千葉・市川に移転。物流・通販部門の倉庫と一体化し、物流・通販部門とのクイックレスポンスを図る一方、本社機能を強化した。
第13期は販管費の圧縮や経費削減を進め、収益改善に努めるほか、縦割りの組織を解消し、全社的な組織体制の改善を推進する。通期の業績目標は売上高が一八四億円、営業利益は三億五〇〇〇万円を見込んでいる。

 
(本紙2008/12/18号掲載記事から)
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社