出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
書店の新規店数、08年は399店(前年比10店増)/平均坪数148.5坪に減少

講談社の集計によると、2008年の書店の新規出店数は、前年より10店多い399店となった。平均坪数は148.5坪と、前年を20坪余り下回っている。帳合取次会社別ではトーハンの伸びが目立った。また増改築店は135店舗と、前年より22店舗少なかった。
新規店の売場面積合計は5万9270坪で、前年より7000坪近く少ない。帳合取次会社別ではトーハンの書店が日販と比べて新規店数で18店舗、新規店の合計面積で約5200坪多い。ただ、日販は増改築店がトーハンより26店舗多く、新規・増改築の合計ではトーハンより8店舗多かった。また、大阪屋も新規店・増改築店合計で前年より23店舗増と動きが活発だった。
今年、書籍・雑誌売場が1000坪以上の新規出店は、11月のブックファースト新宿店(1040坪)、12月20日オープンのジュンク堂書店札幌店(1600坪)の2店。紀伊國屋書店の連続出店などがあった07年ほどの勢いではないものの、08年も各地で大型出店が相次いだ。一方、ヴィレッジヴァンガードのような特化型小規模チェーン店の出店も活発だった。

 
(本紙2008/12/25号掲載記事から)
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社