出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
『生きかた上手』のユーリーグ、民事再生を申請

3月30日に東京地裁に申請し、同日付で弁済禁止の保全処分と監督命令を受けた。負債は96億円。監督委員は影山法律特許事務所の影山光太郎弁護士(電話03−3564−0811)。申請代理人はあかつき総合法律事務所の竹内義則弁護士(電話03−3502−0081)。
債権者説明会は4月3日午後1時半から開かれる。同社は1989年5月18日に設立。50代以上に生き方や暮らし方を提案する直販雑誌「いきいき」のほか、ミリオンセラーとなった日野原重明氏の『生きかた上手』などの単行本の発行、通販事業を手がけていた。
2007年3月期には166億4300万円、2008年3月期には161億3200万円の売上げを計上していた。しかし、売掛金を担保に融資を仰いでいた、SFCGの子会社「Jファクター」が3月16日、貸金業の登録取消し処分となり、資金繰りが逼迫。スポンサー候補先と4月末をメドに事業再生に向けて基本合意を締結していたものの資金がもたず、今回の措置となった。申請代理人の竹内弁護士は「事業自体は悪くない。今後は基本合意したスポンサーとともに、民事再生を果せれば」と説明している。

 
(2009/3/31)
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社