出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
講談社、小学館、集英社とDNPグループがブックオフ株式約30%を取得へ

5月13日付で、ブックオフコーポレーションの筆頭株主であるアント・DBJ投資事業責任組合と、ダイワセキュリティーズエスエムビーシーシンガポールリミテッドが保有する全株式(発行済株式総数の28.9%)を取得する株式譲渡契約を締結したと発表。
5月20日に譲渡の予定。保有割合は、講談社、小学館、集英社がそれぞれ4.29%、大日本印刷(DNP)が6.6%、DNPの子会社である丸善が5.57%、図書館流通センターが3.86%。譲渡後、ブックオフの筆頭株主はDNPとなる。
出版3社とDNPは株式取得の目的について「二次流通も含めた出版業界全体の協力・共存関係を構築し、業界の持続的な成長を実現させていくため」としている。また、出版3社は「著者・著作権者の創作的基盤を尊重し、関係各位の立場を配慮しつつ、より効果的かつ有機的な市場の構築を図っていきたい」としている。

 
(2009/5/13)
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社