出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
静山社、10月、文庫創刊へ
 

静山社は今年10月、文庫シリーズを創刊する。講談社時代に「+α文庫」、その後に大和書房で「だいわ文庫」を創刊してきた古屋信吾氏を6月から編集局長に迎え、編集部は同氏を筆頭に5人の体制。ほとんどを書き下ろしで発刊するという。

同社は史上最高のヒットとなった「ハリー・ポッター」シリーズが昨年で完結。ほかにも児童書などを刊行してきたもののハリポタ一色のイメージが定着しており、今回の文庫創刊が新たなステップとなりそうだ。「読者ニーズや制作コストから、文庫はいまも可能性が大きいと思う。ただ、単行本の廉価版ではダメ。書き下ろしにこだわり、1点1点を大事に作りたい」と古屋氏。扱うジャンルはノンフィクション、フィクション、実用と範囲を広くとる方針で、古屋氏ら編集陣の企画力・人脈を活かしたものになる。頁数や価格にも幅をもたせる。

今のところ、創刊時は立川談志などを著者に7点、第2回は6点の発刊を予定。まだ具体的ではないが、買切り・満数配本で注目を集めた「ハリポタ」での経験を活かし、販売面でも効果的な施策を考慮中。

(本紙2009/6/4号掲載記事から)
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク
新文化通信社