出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
大垣書店、ふたば書房、ともに増収決算に

8月18日、京都の京料理店・魚三楼で第19回「和昌会」を行い、大垣守弘・洞本昌哉両社長が業績を発表。
大垣書店の平成21年8月期決算は、売上高約71億円(前年比5.5%増)で初の70億円台に。しかし、フォレオ大津一里山店(900坪)と四条店(250坪)の新規店投資が影響し減益。
ふたば書房の平成21年7月期決算は売上高約40億9000万円(同7.6%増)で初の40億円台、創業から80年連続の増収。8月31日にヒカリ屋瀬田店(80坪)、9月30日にイオン野洲店(120坪)と滋賀の2店を閉店。10月に箕面店(350坪)、11月に心斎橋大丸店(280坪)と大阪に2店を出店する計画がある。
当日は出版社・取次会社など48人が参集。翌19日には大垣書店グループの納涼会も行われ、300人が出席した。

(2009/8/20)
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社