出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
幻冬舎、第1四半期連結業績/コミックス好調もコスト増に
 

幻冬舎はこのほど、2010年3月期の第1四半期連結業績を発表、コミックス事業が大幅に伸長し増収となったものの、雑誌の内容充実・強化などでコストが拡大し、営業・経常利益は前年割れとなった。

連結売上高は前年同期比6.3%増の27億9400万円、営業利益は同10.3%減の2億1900万円、経常利益は同11.7%減の2億2600万円、四半期純利益は同5.0%増の1億2900万円。セグメント別では、書籍事業の売上高が同2.5%減の20億2800万円、営業利益は同46.2%減の1億9800万円。コミックス事業の売上高は同77.1%増の5億1000万円、営業利益は3200万円(前年同期は5400万円の赤字)。

書籍事業では「単行本」53点(同6点増)、「文庫本」52点(同1点減)、「新書」9点(前年と同じ)を発行。3ジャンルで10万部以上を発行したのは『世界一の美女になるダイエット』(26万部)、『特別法第001条DUST』(16万部)、『日本の難点』(10万3000部)の3点。コミックス事業ではコミックス71点(同10点増)を発行した。

(本紙2009/8/27号掲載記事から)
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク
新文化通信社