出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
紀伊國屋書店、減収減益決算に

11月29日、株主総会および取締役会を行い、第116期(H21.9.1〜同22.8.31)決算と役員人事を承認した。売上高は1129億9979万円(前年比1.3%減)、営業利益8億9535万円(同47.6%減)、経常利益3億5170万円(同44.5%減)、当期純利益2億0003万円(同40.3%減)。期中は熊本はません店(481坪)、いよてつ高島屋店(226坪)、横浜みなとみらい店(413坪)の3店を開設。札幌ロフト店(407坪)を閉店し、国内65店舗となった。
役員人事は山本勉専務が副社長に、藤則幸男取締役が常務に昇任。武藤和男氏が取締役に、角川GHの松原眞樹氏が社外取締役に新任。松原治、乙津宜男、鎌田芳蔵、西口孔太郎の4氏は退任。松原治氏は名誉会長に就いた。


決算概況を説明する高井昌史社長(左)と山本勉副社長

→過去の決算関連記事へ || →2010年決算特集ページへ

(2010/11/29)

関連記事

powered by weblio


購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社