出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
トーハン中間決算、減収も販管費削減で黒字確保

2011年3月期中間業績は売上高が前年同期比5・0%減の2485億8100万円。全ジャンルで返品率の減少に努めたが、売上げの減少をカバーできなかった。
期中の累計返品率は同0・8ポイント改善し、39・1%。売上げ減少と原価率の上昇で売上総利益は同19億2900万円減少し、291億1100万円。人件費の圧縮などで販管費を同8・3%減に抑制した結果、営業利益が34億1100万円(同12・1%増)、経常利益が17億9000万円(同27・1%増)に。
貸倒引当金戻入益3億2700万円を特別利益に繰り入れ、投資有価証券評価損や過年度資産除去債務費用など合計1億0600万円を特別損失に計上したため、中間純利益は12億6700万円(同70・4%増)と大幅に改善した。

→過去の決算関連記事へ || →2010年決算特集ページへ

(2010/11/30)

関連記事

powered by weblio


購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社