出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
講談社、「出版対策本部」の活動で被災地に本を寄贈

文科省の要請を受け、3月23日に急きょ寄贈を決定。蔵書約9万冊のうち、小中高生向きの絵本や児童書、ヤングアダルト本、コミックなど3万6000冊を対象に選書。 今回はその3分の1にあたる約1万2000冊を出荷。
玩具と混載し、山形・天童市の拠点に3月25日朝に到着させる。そこから岩手県方面の避難所に向けてボランティアが出発、避難所にいる子どもらに本を手渡す。
文科省では「必要最低限の生活を強いられいる子どもらはストレスも溜まっている。心の必需品である本を寄贈いただき、元気づけられるだろう。協力はありがたい」とコメント。
出版対策本部は、書協、雑協、出版クラブの出版3団体で、本日立ち上げた震災の情報収集などの窓口。また同本部では、他の出版社にも協力を呼びかけている。

 
(2011/3/23)

関連記事

powered by weblio


購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社