出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
中央社決算、3期連続で増収に

8月28日、株主総会及び取締役会を行い、平成23年度(H23.6.1〜同24.5.31)決算と役員人事を決めた。売上高272億1900万円(前年比3.1%増)、営業利益4億0500万円(同30.3%増)、経常利益2億4000万円(同40.9%増)、当期純利益1億1400万円(同27.7%減)。
利益は営業・経常ベースで大幅増となった。しかし、2003年に中央社と中央社ブックセンターの適格合併による欠損金の繰越残がなくなり、1億円以上の法人税が発生して減益となった。
役員人事は、小暮豊博取締役が監査役に、佐藤誠三監査役が退任した。また、山本章雄氏(営業本部副本部長)が上席執行役員に昇任、竹内文利氏(名古屋支店長)が執行役員に新任した。

→過去の決算関連記事へ || →2012年決算特集ページへ

(2012/8/28)

関連記事

powered by weblio


               
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社