出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
日販、書店の集客力アップに施策提案

10月30日、東京・港区の品川プリンスホテルで「パートナーズ カンファレンス2012」を行い、契約に基づく流通改革の経過と構想を発表した。
古屋文明社長は、今年4月から9月までの既存店売上げが前年比6.0%減で、直近8年間で最悪であると報告。書店では年間、1回転もしない「不稼働在庫」が約4割あるとし、来店客数、買上げ率、来店頻度を高めながら、書店の有効な在庫政策を推進する考えを伝えた。
また、同社の係長2氏が流通改革とCRM戦略について具体的な取組みをプレゼンしたあと、安西浩和専務は書籍返品率25%と書店マージンアップを目的にした施策「パートナーズ契約」「PPI」「ハイプロフィット企画」「PSP」「時限再販」「PB商品」の枠組みを増やしていくと話した。「テスト段階ではない。後戻りできない本番です」とし、改革へ不退転の決意を表した。

(2012/10/31)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社