出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
「自炊代行訴訟」、作家側が全面勝訴

作家7人が自炊代行業者7社に対し、無断スキャンは著作権侵害に当たると訴えていた「自炊代行訴訟」の第1審の判決が10月10日、東京地裁より出され、原告側の全面勝訴となった。同地裁は被告4社に対して、スキャンの差止めと損害賠償の支払いを言い渡した。
本件は作家の浅田次郎、大沢在昌、永井豪、林真理子、東野圭吾、弘兼憲史、武論尊の7氏が昨年11月27日、東京地裁に書籍スキャン事業者7社と代表者個人を被告に提訴していたもの。すでに今年9月30日、今回の4社を除く2社には同様の判決が言い渡されていた。残る1社は、謝罪し原告の請求を認める「請求認諾」していた。

 
(2013/10/30)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社