出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
大阪屋、アマゾンJ、CCCが年間ベストセラーを発表

大阪屋、アマゾンジャパン、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の3社はこのほど、2013年年間ベストセラーを発表し、1位はそれぞれ村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)、百田尚樹『永遠の0』(講談社)、同『海賊とよばれた男』(同)となった。
大阪屋の2位は阿川佐和子『聞く力』(文藝春秋)、3位は近藤誠『医者に殺されない47の心得』(アスコム)。アマゾンジャパンの2位は『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』、3位は中塚翠涛『30日できれいな字が書けるペン字練習帳』(宝島社)。CCCの2位は『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』、3位は桜木紫乃『ホテルローヤル』(集英社)だった。
集計期間は大阪屋とアマゾンジャパンが12年12月1日〜13年11月30日、CCCは13年1月1日〜11月30日。

 
(2013/12/17)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社