出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
サン・エージェンシー、破産手続きを開始

デザイン・印刷業などを手がける同社(資本金1000万円、東京都中野区東中野1-26-4、鶴田和美社長)は1月6日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は土岐敦司弁護士(港区虎ノ門4-3-1、TEL03-5408-6160)。債務届け出期間は2月3日まで、財産状況報告集会は4月4日午後2時半。
帝国データバンクによると、同社は1963年創業。企業の事業案内、カタログの制作・印刷のほか、手帳などの企画・販売を手がけていた。03年12月期には売上高2億0500万円を計上。しかし、近年業績は下降傾向にあり、12年12月期は同1億3000万円まで落ち込んでいた。13年11月に前代表が死去、12月25日に事業を停止していた。負債は約2億1820万円。

 
(2014/1/20)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社