出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
 
インフォレスト、負債30億円で事業停止

インフォレスト(資本金3500万57円、東京・千代田区麹町3-5、泉智社長)は4月15日、事業を停止し、債権債務の調査を佐藤隆昭弁護士(同・中央区銀座2-3-19、TEL03-3564-6210)に一任した。負債は約30億円。
帝国データバンクによると、同社は2002年、別出版社の一部雑誌部門を分社化して設立。一時、30万部を販売したギャル向けファッション誌「小悪魔ageha」や男性向け「Samuraiマガジン」などを発行。08年3月期は売上高約59億4500万円、通販事業を開始した09年3月期は同約74億9600万円を計上していた。
しかし、「小悪魔ageha」の売上げが頭打ちとなったほか、広告収入の減少などで売上げがダウン。本社不動産の売却、従業員の削減などを進めてきたが、12年3月期は同43億7900万円に減少。資金繰りも厳しさを増していたことで信用が低下し、今回の事態となった。今後は債権調査を進めるとともに、出版物等のコンテンツ売却を進めるという。

 
(2014/4/16)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社