出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
 
集英社「オレンジ文庫」、創刊5点のうち4点重版

1月20日に創刊したライト文芸レーベル「集英社オレンジ文庫」の売行きが好調で、品切れする書店が相次いでいる。同社では創刊ラインアップ5点のうち4点で重版を決めた。出来日は2月9日。3刷の検討も始めている。
発売10日目の1月29日には、椹野道流『時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎』の実売率が、紀伊國屋書店のパブラインで46%を超え、日販POS店調査でも約35%と好調。谷瑞恵『異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵』も日販で約34%、トーハンで約32%となった。

 
(2015/2/2)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社