出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
 
美術出版社、民事再生を申請

月刊「美術手帖」や芸術関連の書籍を刊行していた美術出版社(資本金6600万円、東京都千代田区五番町4-5、大下健太郎社長)は3月4日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。申請代理人は三山裕三弁護士(千代田区六番町13-12、TEL03-3234-2750)。
帝国テータバンクによると、負債は2014年3月末時点で約19億6300万円。その後に変動している可能性もあるという。同社は1905年に創業。美術・デザイン・建築など芸術分野の雑誌・書籍を刊行してきた。年30〜40点の新刊を発行し、14年3月期には売上高12億0800万円を計上。しかし、従前から多額の負債を抱え、厳しい資金繰りが続いていたという。

 
(2015/3/6)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社