出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
 
文芸創作誌「Witchenkare」発売へ イベントも開催

「Witchenkare(ウィッチンケア)」の第6号が4月1日に発売される。同誌は、フリーエディターの多田洋一氏が個人編集し、年1回発行しているもの。
第6号では、多田氏が「ぜひこの人に」と依頼した37人の書き手が寄稿。社会学者の開沼博氏「ゼロ年代に見てきた風景 パート2」、フリーライターの武田砂鉄氏「キレなかったけど、キレたかもしれなかった」、女優の野村佑香さん「今日もどこかの空の下」、「市場の古本屋ウララ」を運営する宇田智子氏「富士山」など、多様な執筆陣がそれぞれに「いま書いてみたいこと」を記している。
発売を記念し、3月27日には東京・杉並区の6次元でぼっと舎の大西寿男氏と、同29日には横浜・南区の「お店のようなもの」で作家・歌人の我妻俊樹氏、「野宿野郎」のかとうちあき編集長と「試読会」を開催する。
本体1000円。発売元はJRC。



 
 
(2015/3/23)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社