出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
 
新潮社と岩波書店、「風と共に去りぬ」新訳で競作

マーガレット・ミッチェル「風と共に去りぬ」の新訳が、ほぼ時を同じくして新潮社と岩波書店から刊行される。著作権が切れたのが2009年頃で、出版時期が偶然重なった。
新潮社版の新訳は鴻巣友季子氏が手がけた。担当編集者によると、その特徴は「女性の会話やモノローグは徹底して女性らしく」していること。すでに1・2巻は3月26日に発売し、以降4月末から1巻ずつ刊行する。
一方、荒このみ氏を訳者に据えた岩波書店は、全6巻で4月16日から刊行を開始。アメリカ文学、またアフリカンアメリカン研究の専門家である荒氏による訳文、注、各巻の解説が売り≠セ。2巻は6月、3巻は9月、以降は隔月で刊行し来年3月に完結する。



写真左=岩波文庫版。1巻は本体840円  右=新潮文庫版。1・2巻は本体710円
 
(2015/4/15)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社