出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
 
三省堂書店神保町本店、アウトレット本コーナーの売上げ5倍に

同店2階の「神保町アウトレット」コーナーの売上げが、4月23日時点で販売冊数が1879冊・売上金額は155万円と伸長している。同店の副田陸児店長によると、4階の人文フロアの一画に置いていたときと比べて、売上げは5倍に。料理本、ダイエット本などの実用書も販売数を伸ばしている。休日には1日100冊、10万円を売上げる日もあったという。
同店は4月1日から2階下りエレベーター前の壁面に「神保町アウトレット」を常設。約30ジャンルに分類し、棚10本で展開している。アウトレット本は、同じ神保町にある八木書店から買切で仕入れ、旧定価の30〜70%オフで販売。販売価格は仕入値の約2倍程度に設定しており、書店マージンの改善につなげている。



1日100冊が売れる日もある神保町アウトレット
 
(2015/4/28)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社