出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
日本文藝家協会など8団体、権利者不明作品問題について勉強会発足

日本文藝家協会など8団体は9月3日、著作権者不明の作品、いわゆる「孤児作品」の権利処理や流通について検討する勉強会を発足させた。会の名称は「権利者による、権利者不明作品問題を考える勉強会」(通称:オーファン勉強会)。会長には日本文藝家協会の三田誠広副理事長が就任した。月に1度勉強会を開き、海外の著作権管理制度や文化庁の「裁定制度」などについて研究をすすめ、利用者にとって使いやすい仕組みを検討する。2015年度末を目標に提案書としてまとめる予定。
参加団体は日本文藝家協会、日本音楽著作権協会、日本漫画家協会、日本写真著作権協会、日本美術家連盟、日本美術著作権連合、日本脚本家連盟、日本シナリオ作家協会。

 
(2015/9/3)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社