出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
新潮社・佐藤隆信社長、新刊の貸出猶予は「節度、程度問題」

11月10日、パシフィコ横浜(横浜市・西区)で開かれた第17回「図書館総合展」のフォーラムで、新潮社・佐藤社長が複本や新刊の貸出猶予について「著者からの声が強く、放置できないほどになっている」と現状を説明した。年内をめどに、作家とともに図書館にむけて貸出猶予を求める要望書を発表する予定。猶予期間は1年間。佐藤社長は、対象とされる本は「著者と出版社が合意した本」に限定し「日本図書館協会などとの決めごとではなく、(公共図書館への)お願いごとであり、節度、程度問題」であることを強調。「著者に(執筆への)モチベーションを与えられないと、最終的には出版文化の衰退につながる」と危惧した。

 
(2015/11/11)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社