出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
光文社、増収減益の決算に

8月22日に行った定時株主総会および取締役会で、第72期(H27.6.1〜同28.5.31)決算と役員人事を承認した。
売上高は237億4100万円(前期比0.2%増)、経常利益2億4700万円(同79.2%減)、当期純利益2億9900万円(同74.8%減)。減益ながら6期連続の黒字を確保した。
昨期は、年金運用に係る費用が株価などの上ぶれを要因に好転し、引当金が繰り戻されて大幅に増益。今期は運用が悪化したことから引当金の負担が増え利益を圧迫した。
売上高の内訳は、「販売」125億4900万円(同0.3%減)、「広告」81億8000万円(同5.5%減)、「その他」21億8700万円(同40.8%増)、「不動産等その他」8億2500万円(同7.7%減)。「その他」はdマガジンや版権収入などが好調だったことによる。
役員人事では、高橋基陽取締役会長と坂井幸雄専務が退任し、高橋氏は相談役に、坂井氏は顧問に就いた。また古谷俊勝、佐藤均両取締役が常務に昇任。平山宏、折敷出慎治の両氏が取締役に新任した。

→過去の決算関連記事へ || →2016年決算特集ページへ

 
(2016/8/23)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社