出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
日販、文教堂の筆頭株主に

大日本印刷(DNP)は9月12日、取締役会を行い、DNPが保有する文教堂グループホールディングス(文教堂)の普通株式の一部を日販に譲渡することを決議した。また、DNP連結対象子会社の丸善ジュンク堂書店も同日、取締役会において同社が保有する文教堂の普通株式のすべてを日販に譲渡することを決めた。DNPグループは文教堂株の51.86%(DNP=35.78%、丸善ジュンク堂書店=16.08%、その他=0.01%)を保有していたが、そのうち28.12%を10月31日、日販に譲渡する予定。これにより日販は文教堂の筆頭株主となった。
日販に譲渡した株式は、DNPが保有する168万3000株と丸善ジュンク堂書店の224万7000株。合わせて393万株となる。価格は1株当たり422円。日販は16億5846万円を出資する。

 
(2016/9/13)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社