出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
文芸誌「新潮」、「手塚治虫のエロティカ」特集で重版

11月7日発売の「新潮」12月号に掲載した「手塚治虫のエロティカ」特集が反響を呼び発売3日で約60%の実売となり、5000部の重版を決めた。同特集は2014年に発見された故手塚治虫氏のイラスト29点掲載。エロティシズムの視点で、手塚作品を多角的に検証した。新潮社は初版部数を通常号の1.5倍となる1万1500部に設定したが、売切れ書店が続出した。重版分の取次搬入日は11月17日。19日以降に書店店頭に並び始める見込み。



筒井康隆「モナドの領域」を掲載した
2015年10月号以来の重版となる「新潮」
 
(2016/11/10)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社