出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
「本屋大賞」に恩田陸『蜜蜂と遠雷』、累計50万部に

4月11日、東京・信濃町の明治記念館で発表会を行い、「2017年本屋大賞」は『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)に決まった。幻冬舎が刊行した作品が選ばれたのは初めて。恩田氏は『夜のピクニック』(新潮社)で「2005年本屋大賞」を受賞。同一著者で複数回「本屋大賞」を受賞するのは初となる。また、『蜜蜂と遠雷』は今年1月に第156回「直木賞」を受賞している。幻冬舎は受賞を受けて同書を20万部(12刷)増刷することを決めた。累計部数は50万部に到達した。
発掘部門は、クリストファー・チャブリス、ダニエル・シモンズ著/木村博江訳『錯覚の科学』(文藝春秋)、翻訳小説部門はトーン・テレヘン著/長山さき訳『ハリネズミの願い』(新潮社)がそれぞれ選ばれた。



投票した書店員に囲まれる恩田氏(中央)
 


前回受賞した宮下奈都氏(右)から花束を受ける恩田氏
 


翻訳小説部門1位『ハリネズミの願い』の翻訳者、長山氏
 
(2017/4/11)

関連記事

powered by weblio


               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社