出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ


日本編集制作協会(AJEC)、第13期編集講座「基礎から学ぶ新しい編集技術」を開催

来年2月まで、「新しい編集技術を基礎から学ぶ」をテーマに、連続講座を行っている。講義内容と日程は下記の通り。
各日とも、午後6時半から、東京・新宿区のDNPプラザ2階イベントスペースで。
◇2019年1月24日=第7回:デザイン・レイアウトの技術「ビジュアル本の紙面作りのコツ」
◇2月21日=第8回:著作権の基礎知識「編集者が心得ておくことは?」
受講料は、全8回の年間受講が一般2万円、AJEC会員1万6000円。1講座ごとのスポット受講が一般3000円、会員2500円。
問合せは、AJEC=TEL03-6869-7780 まで。

出版ビジネススクール、1月、2月のセミナースケジュール

1月、2月に次のセミナーを開催する。
◆2019年1月30日「特別企画・研究会『人が育つ』とはどういうことかを考える−CA教育に見る女性の人材育成」=午後6時から、東京・千代田区の文化産業信用組合会議室で。
講師は元客室乗務員の中村幸子氏。会費は5000円。詳しくはこちら
◆2月6日「児童書の今まで・現状・これから 児童書は、出版界の救世主と成り得るのか」=午後6時15分から、東京・千代田区の文化産業信用組合会議室で。
講師は前こぐま社代表・吉井康文氏。会費は7000円。詳しくはこちら
◆2月14日「平成30年間から見た出版界−本の売り方・作り方を考える」=午後6時15分から、東京・千代田区の文化産業信用組合会議室で。
講師はノセ事務所代表・能勢仁氏。会費は7000円。詳しくはこちら
問合せは TEL03-3868-2814 、出版研究センターまで。

東京都立多摩図書館/東京マガジンバンクカレッジ、連続ワークショップ「中央線が好きだ。を書く」(全3回)を開催

1月12日、26日、2月9日の午後2時〜4時、東京・国分寺市の都立多摩図書館2階セミナールームで。
JR東日本八王子支社が発行するフリーマガジン「中央線が好きだ。magazine」は、交通新聞社「散歩の達人」特別編集版として編集されている隔月刊誌。連続ワークショップでは、「中央線が好きだ。magazine」の編集長や記者が編集の裏側や記事の書き方を紹介するとともに、オリジナルの記事を作成しようというもの。
講師は、「中央線が好きだ。magazine」編集長・坂原茉莉子氏(交通新聞社)、フリーライター・松井一恵氏、同・佐藤さゆり氏。
定員は30人(応募者多数の場合は抽選)。参加費は無料。
詳細・申込みはこちらから。
問合せは都立多摩図書館情報サービス担当=TEL042-359-4020 まで。

北欧語翻訳者リスト、「北欧語翻訳者によるプレゼン会」を開催

2月1日午後7時、東京・千代田区の出版クラブ3階で。
北欧語の翻訳者が、北欧の書籍の魅力や、いま訳したい本などについてプレゼンする。
参加できるのは編集者、版権エージェンシーなど。
参加費は1000円。定員は30人。
申込み・問合せは北欧語翻訳者リスト=メール:nordiclanguages2018●gmail.com(●=@) まで。
詳細は北欧語翻訳者リスト公式サイトで。

日本編集者学会、第13回セミナー「読者はどこへいった 雑誌出版の危機と読者の消滅について」を開催

2月2日午後1時半、東京・千代田区の専修大学神田キャンパス7号館731号室で。
書店販売の中心であり、出版界の稼ぎ頭、また出版物流の要である雑誌。その読者層の興味、好奇心が変化した現状と、雑誌が担っていた役割を振り返り、なお雑誌が出版の核となりうるのか、可能性を探る。
第1部:鼎談「雑誌出版の危機と現在の読者」=登壇者は、月刊「FACT」創刊編集長で現・主筆の阿部重夫氏、「婦人公論」「中央公論」や「考える人」の元編集長で現・ほぼ日の学校長の河野通和氏、日本ペンクラブ専務理事で専修大学教授の山田健太氏。
第2部:質疑応答(懇親会あり)
参加費は、資料代として1000円。ただし、学生は無料。
問合せは、日本編集者学会事務局(田畑書店内)=TEL03-6272-5718 まで。
詳細はこちら

日本出版労働組合連合会、結成60周年記念講演「『本が売れない』というけれど 出版文化発祥の地・京都から考える」を開催

3月2日午後2時、京都・中京区のコープイン京都で。
2018年3月15日に結成60周年を迎えた出版労連。7月には東京で記念パーティーを実施した。今回は関西地区で記念行事とパーティーを開く。講演会は日本書籍出版協会協賛。
記念講演「『本が売れない』というけれど 出版文化発祥の地・京都から考える」では、ライター・永江朗氏が「『本が売れない』というけれど」と題して、新村出記念財団嘱託・新村恭氏が「広辞苑の“始まり”と“いま”」と題して講演するほか、永江、新村両氏による対談を行う。対談のコーディネーターは法律文化社社長・田靡純子氏。
参加費は無料。
結成60周年記念パーティーは午後5時から。参加費は4000円。
申込み・問合せは、出版労連事務局・住田氏=TEL03-3816-2911 まで。

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社