出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ


図書館流通センター、図書館のためのブックフェア2017を開催

必備のレファレンス図書など12のテーマで、1万0300点(約1万7300冊)を一堂に展示。12月まで、次の日程で巡回開催する。
(1)東京会場=9月19〜22開催済み
(2)山梨会場=9月28〜29開催済み
(3)福岡会場=10月3〜4日開催済み
(4)茨城会場=同11〜12日開催済み
(5)愛知会場=同17〜18日開催済み
(6)北海道会場=同25〜26日開催済み
(7)大阪会場=11月15〜17日開催済み
(8)岡山会場=同21〜22日開催済み
(9)石川会場=同28〜29日開催済み
(10)群馬会場=12月5〜6日、群馬・前橋市の前橋プラザにぎわいホール。
(11)埼玉会場=同12〜13日、さいたま・大宮区の大宮ソニックシティ展示場。
問合せは TEL03-3943-2221 、図書館流通センター営業部まで。

出版ビジネススクール、12月のセミナースケジュール

12月に次のセミナーを開催する。
◆12月8日「書店・取次を活かす出版営業」=午後6時15分から、東京・千代田区の文化産業信用組合会議室で。講師は、ノセ事務所代表・能勢仁氏。会費7000円。詳しくはこちら
問合せは TEL03-3868-2814 、出版研究センターまで。

日本出版者協議会(出版協)、《出版流通・販売問題研修会》(全3回)を開催

出版界の流通・販売面の現状をふまえ、出版社として次の一手を考えていく情報を共有するための研修会。
第1回「大阪屋栗田がいま考えていること 新販路の拡大という取り組みを中心に」=11月22日午後5時、東京・文京区の小石川運動場会議室で。講師は、大阪屋栗田執行役員・鎌垣英人氏。
第2回「流通・販売の課題に出版社はどう対応するか 取次・書店・読者に販促のための情報をどのように届けるか」=12月7日午後5時、東京・文京区の小石川運動場会議室で。講師は、語研営業部長・高島利行氏。
第3回「いま、日販が取り組んでいる流通改善 つぎの一手」=2018年2月2日午後6時、東京・お茶の水の日販本社5階会議室で。講師は日販ネット営業部部長・上原清一氏。※受講は出版社限定。
研修費は、出版協会員社・賛助会員は各回1000円、非会員は各回2000円。
問合せは、出版協事務局・水野氏 TEL03-6279-7103 まで。
詳細は、出版協のホームページで。

千代田区立日比谷図書文化館、トークイベント「永江ト・いとうせいこうが語る 本から読み解く近代史〜日本の時代をつくった本たち」を開催

12月14日午後7時、東京・千代田区の同館地下1階・日比谷コンベンションホールで。
講師は、フリーライター・永江ト氏と作家・いとうせいこう氏。
これまでに出版された本を振り返りながら、日本の近代史と、当時の人々の思想や文化、その本が読まれた背景を紹介する。
参加費は1000円(千代田区民は500円)。定員200人。
問合せは、日比谷図書文化館 TEL03-3502-3342 まで。
詳細は、同館のホームページで。

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社