出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ


2019年

文教堂GHD、中間連結決算で債務超過5億9700万円に

文教堂グループホールディングスは4月12日、2019年8月期第2四半期(H30.9.1〜同31.2.28)の連結決算を発表。売上高は127億0300万円(前年同期比10.2%減)、営業損失2億3200万円(前年同期は7900万円の損失)、経常損失2億8800万円(同8500万円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失3億6500万円(同1億4000万円の損失)。赤字幅が増加した。
前年8月期における連結決算で2億3358万円の債務超過に陥っていたが、今期中間においては、債務超過額を5億9700万円に拡大する結果になった。
今期8月期の連結予想については、まだ開示していない。

【2019年4月15日更新】

丸善CHIホールディングス、減収増益に

さきごろ、2019年1月期(H30.2.1〜同31.1.31)の連結決算を発表した。連結対象子会社は丸善ジュンク堂書店、hontoブックサービス、図書館流通センター、丸善出版、丸善雄松堂など29社。
売上高は1770億4100万円(前年同期比0.7%減)で減収となった。利益面では、粗利益率の改善と販管費の削減に努めた結果、営業利益は31億9100万円(同38.7%増)、経常利益は31億1600万円(同38.2%増)で増益となった。
特別利益を計上したことにより、親会社株主に帰属する当期純利益は24億2400万円(前年は3億2100万円の損失)となった。

【2019年3月18日更新】

講談社、増収増益決算に

2月21日、株主総会を行い第80期(H29.12.1〜同30.11.30)決算と役員人事を確定した。期中の売上高は1204億8400万円(前年比2.1%増)で3年連続の増収。「雑誌」は509億0900万円(同8.9%減)、「書籍」160億3300万円(同9.4%減)、「広告収入」50億0600万円(同8.6%増)、「事業収入」443億2100万円(同24.1%増)、「その他」10億6100万円(同16.8%増)、「不動産収入」31億5100万円(同0.6%増)。
費用全体を減少させた結果、営業利益は22億円(同19.4%増)、経常利益は47億円(同8.8%増)、当期純利益は28億5900万円(同63.6%増)と大幅に伸長した。
役員人事では野内雅宏氏が取締役に新任。森武文、重村博文、大竹深夫の3氏は退任してそれぞれ顧問に就いた。

【2019年2月22日更新】

博報堂DYH、第3四半期決算を発表

博報堂DYホールディングスはさきごろ、2019年3月期第3四半期(H30・4・1〜同・12・31)連結決算の概要を発表した。
売上高は1兆0544億5500万円(前年同期比10.0%増)と増収。利益面でも、営業利益492億1900万円(同35.3%増)、経常利益519億3300万円(同35.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益376億2200万円(同70.0%増)となり、好調に推移している。

【2019年2月13日更新】

三洋堂ホールディングス、第3四半期決算を発表

2月7日、2019年第3四半期(H30.4.1〜同30.12.31)の決算を発表。連結売上高は152億0700万円(前年同期比5.6%減)、営業利益は1200万円(同93.3%減)、経常利益3000万円(同85.0%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は2500万円(同79.8%減)となった。
同ホールディングスの6割超を占める「書店」の売上高は96億3200万円(同4.8%減)。通期の連結売上高は、200億円(同6.2%減)、営業損失9000万円、経常損失6000万円、親会社株主に帰属する当期純損失は3億円と予想している。

【2019年2月8日更新】

トップへ

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

 

新文化通信社