出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ


2020年

講談社決算、「21世紀に入って最高の数字(利益)」(野間社長)

2月20日、東京・文京区の本社で株主総会および取締役会を行い、第81期(2018.12.1〜19.11.30)の決算と役員人事を決め、同日発表した。売上高は1358億3500万円(前年比12.7%増)。営業利益は約89億円(同293.8%増)、経常利益は約112億円(同139.3%増)、当期純利益は72億3100万円(同152.9%増)と大幅増益になった。
売上高の内訳は、「製品」643億1000万円(前年比3.9%減)、「広告収入」59億2600万円(同18.4%増)、「事業収入」613億7000万円(同38.5%増)。「その他」10億6700万円(同0.5%増)、「不動産収入」31億6000万円(同0.3%増)。
会見に臨んだ野間省伸社長は、「21世紀に入って最高の数字を出せた」とし、出版の構造改革に意欲をみせた。

【2020年2月20日更新】

ワンダーコーポレーション第3四半期、減収増益に

さきごろ、第3四半期(2019.4.1〜同12.31)連結決算の概要を発表した。なお、同社は2019年3月期に決算日を2月末日から3月31日に変更した。前年同期比は同期間での対比としている。
売上高は459億9200万円(前年同期比7.9%減)、営業利益は7億2700万円(同236.6%増)、経常利益は7億3100万円(同241.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は5億3900万円(前年同期は31億5700万円の損失)の減収増益決算となった。これにより、純資産は前年度末から5億6000万円増加し、65億4800万円となった。
売上高は減少したが、不採算店舗を「WonderGOO」10店、「新星堂」22店、「TSUTAYA」12店閉鎖し、事業収支は改善した。
第3四半期末の店舗数は、「WonderGOO」69店(うちFC7店)、「WonderREX」28店(同2店)、「TSUTAYA」83店、「新星堂」85店、「その他」13店(同7店)、計278店。

【2020年2月18日更新】

スターツ出版、増収増益の決算に

2月13日、2019年(2019.1.1〜同12.31)の決算を発表。売上高は49億0200万円(前年比4.1%増)、営業利益は5億7500万円(同13.9%増)、経常利益は6億8000万円(同15.6%増)、当期純利益は4億1500万円(同10.0%増)で増収増益となった。
セグメント別では、月刊誌「オズマガジン」などを展開している東京マーケティングドメインの売上げは、32億5900万円(同1.4%増)、営業利益は2億1800万円(同37.7%減)。大人向け恋愛小説レーベル「ベリーズ文庫」などを展開している投稿コンテンツドメインの売上げは、16億4200万円(同10.0%増)、営業利益は4億4800万円(同88.4%増)だった。

【2020年2月17日更新】

三洋堂HD第3四半期連結決算、売上高3.5%減

三洋堂ホールディングスは2月14日、2020年3月期第3四半期(2019.4.1〜同12.31)の連結決算について発表した。
売上高は146億7900万円(前年比3.5%減)、営業損失2100万円(前年同期は1200万円の黒字)、経常利益は1300万円(同54.3%減)、親会社株主に帰属する四半期純損失3100万円(同2500万円の黒字)。
主力である「書店部門」の売上げが92億1600万円(同4.3%減)と減少した。店舗数は1月末時点で78店舗。
通期の連結業績については、売上高200億円(前年比2.0%減)、営業損失9000万円(前年同期は3200万円の黒字)、経常損失6000万円(同6300万円の黒字)、親会社株主に帰属する当期純損失1億3000万円(同3億0800万円の黒字)と予想している。

【2020年2月14日更新】

トップへ

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

 

新文化通信社