出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ


KADOKAWA(決算=3月期)

KADOKAWA連結決算、ドワンゴ統合以降最高売上高に

このほど、2022年3月期(2021.4.1〜22.3.31)連結決算の概要を発表した。売上高は2212億0800万円(前年比5.4%増)。営業利益は185億1900万円(同35.9%増)、営業利益率は8.4%(同1.9ポイント増)。経常利益は202億1300万円(同40.7%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は140億7800万円(同46.9%増)と大幅に拡大した。営業・経常・親会社株主に帰属する当期純利益が想定値から大きく上ぶれして増収増益となった。売上高、営業利益、営業利益率は14年10月にドワンゴと経営統合して以降、過去最高を記録した。
KADOKAWAでは、23年3月期を最終年度とする中期計画の営業利益目標を1年前倒しで達成。今回、新たな中期計画を策定した。3年後の25年3月期は、売上高2500億円、営業利益250億円を目標にしている。海外売上高比率を現在の13%から20%に引き上げる考えだ。

【2022年5月16日更新】

KADOKAWA第3四半期決算、増収増益に

2022年3月期第3四半期(2021.4.1〜21.12.31)の連結売上高は1576億4100万円(前年比3.2%増)と好調に推移した。利益面では、営業利益128億0900万円(同3.0%減)、経常利益141億6900万円(同5.4%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益95億7000万円(同6.5%増)。
出版事業の売上高は977億0600万円(同3.7%増)。セグメント(営業)利益は131億2700万円(同39.2%増)と大幅に伸長した。北米を中心にした海外事業や直木賞を受賞した『テスカトリポカ』『黒牢城』などの販売が好調だった。
21年4月、埼玉・所沢市において、書籍製造ラインを一部稼働し、文庫、新書、コミックスなどを小ロットで製造している。今後、製造ラインの拡張、物流施設の稼働に向けて準備している。

【2022年2月4日更新】

KADOKAWA、増収増益の中間連結決算

10月29日、2022年3月期第2四半期(21.4.1〜同9.30)連結決算を発表した。売上高は1048億1100万円(前年同期比7.4%増)、営業利益は99億3800万円(同26.6%増)、経常利益は106億0400万円(同30.3%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は71億1600万円(同36.7%増)で増収増益となった。
また同社は同日、中国テンセントグループとの資本業務提携を結んだことを発表。同グループの完全子会社であるSixjoy Hong Kong Limitedとテンセントジャパンを通じて提携する。これに伴い、KADOKAWAはSixjoyを引受先とした第三者割当増資により、発行済株式総数の6.86%に相当する486万2200株を発行。約300億円を調達する。

【2021年11月3日更新】

KADOKAWA第1四半期連結決算、過去最高の営業利益に

このほど、2022年第1四半期(21.4.1〜同.6.30)連結決算を発表した。売上高は470億0230万円(前年同期比10.7%増)、営業利益は58億6900万円(同63.9%増)、経常利益は61億44000万円(同59.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は40億2300万円(同63.9%増)。営業利益は四半期ベースで過去最高となった。
出版事業は売上高321億2900万円(同9.8%増)、営業利益53億8700万円(同151.3%増)。紙の書籍では児童書とコミックス、電子書籍では女性向け異世界ジャンルのコミックスが好調だった。

【2021年8月3日更新】

KADOKAWA、増収増益の好決算

このほど2021年3月期(20.4.1〜21.3.31)の連結決算を発表した。売上高は2099億4700万円(前年比2.6%増)。営業利益は136億2500万円(同68.5%増)、経常利益は143億6900万円(同63.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は95億8400万円(同18.4%増)。増収増益の好決算となった。
主力の「出版事業」の売上高は1295億7600万円(前年比10.5%増)と大幅に伸長。コミックス、ラノベ、児童書の売行きが好調。紙版の書籍返品率が前年度の32.3%から27.4%に改善した。電子版の売上高は、第3四半期に続き、第4四半期も過去最高額を更新。加速して順調に推移している。
出版事業のセグメント(営業)利益は128億4100万円(同105.5%増)と2倍以上になった。
純資産は前年度から221億4900万円増加して、1295億2400万円と拡大。自己資本比率は47.2%(前年比3.9ポイント増)に上昇した。6月22日に開催予定の株主総会で承認される見通し。

【2021年5月6日更新】

KADOKAWA、減収増益の決算に

5月14日、2020年3月期(19.4.1〜20.3.31)の連結決算を発表。売上高は2046億5300万円 (前年比1.9%減)、営業利益は80億8700 万円(同198.7%増)、経常利益は87億8700万円(同108.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は80億9800万円(前年は40億8500万円の純損失)の減収増益決算となった。
出版事業は売上高1173億3000万円(前年比1.2%増)。そのうち電子書籍・電子雑誌は90億円超と好調に推移、過去最高の売上高となった。営業利益は物流費の増加などが影響し、同13.9%減の62億4800万円。
同日に行われた取締役会で、新役員体制案も発表。6月開催予定の定時株主総会および取締役会の決議をもって、正式に決定される。新取締役には山下直久、加瀬典子ら4氏が就任、関谷幸一、芳原世幸の2氏は退任する。関谷、芳原の両氏は、取締役退任後も引続き専務執行役員を務める。

【2020年5月15日更新】

KADOKAWA第2四半期、減収大幅増益の決算に

2019年第2四半期(H30.4.1〜R1.9.30)決算を11月14日に発表。売上高は1004億3900万円(前年同期比1.7%減)、営業利益は63億8900万円(同123.1%増)、経常利益は68億0500万円(同72.9%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は62億0200万円(同192.7%)と大幅な増益となった。
出版事業は、売上高562億0400万円(同2.0%増)、営業利益33億0800万円(同10.1%増)。書籍は『ダンジョン飯(8)』、『世界一美味しい手抜きごはん』などが好調だった。2020年3月期の通期連結業績予測は、売上高2070億円(同4.6%減)、営業利益は100億円(同85.2%増)、経常利益は108億円(同74.2%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は95億円(前期は40億8500万円の赤字)を見込んでいる。

【2019年11月15日更新】

カドカワ連結決算、40億8500万円の赤字にに

5月14日、2018年度(H30.4.1〜同31.3.31)連結決算の概要を公表した。連結売上高は2086億0500万円(前年比0.9%増)、営業利益は27億0700万円(同13.9%減)、経常利益は42億0500万円(同13.2%増)、親会社株主に帰属する当期純損失は40億8500万円(前年は10億3800万円の純利益)。2014年の同社発足以来、初の赤字となった。
KADOKAWAやGzブレインなどの「出版事業」は、売上高1159億5800万円(同2.9%増)、営業利益72億5300万円(同20.9%増)と好調だったものの、ドワンゴなどが手掛ける「Webサービス事業」が、営業損失25億7600万円(同10億6700万円の損失)を計上したことなどが影響し、赤字決算となった。同社は6月20日開催予定の定時株主総会の承認を経て、7月1日付で「(株)KADOKAWA」に商号変更する。

【2019年5月27日更新】

カドカワ連結決算、売上高2009億円に

カドカワはこのほど、第2期(H27.4.1〜同28.3.31)連結決算の概要を公表した。連結売上高は2009億4500万円、営業利益は91億2400万円、経常利益は101億8900万円、親会社株主に帰属する当期純利益は68億4500万円。同社は2014年10月1日、ドワンゴとKADOKAWAの共同持株会社として発足。初年度が6カ月間だったため、前年比は記載しない。
カドカワグループは連結子会社42社および持分法適用会社13社で構成。売上高と営業利益はカドカワと連結子会社42社を対象に、経常利益と親会社株主に帰属する当期純利益はそれに持分法適用会社13社分が加わっている。自己資本比率は前年から1.2ポイント増の51.4%に高まった。6月21日に行われる株主総会で承認される見通し。

【2016年6月7日更新】

トップへ

購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

 

新文化通信社