出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
大手4社など、未来の出版に関するラボラトリ発足

講談社、小学館、集英社、KADOKAWAと出版デジタル機構、慶應義塾大学SFC研究所はこのほど、共同で未来の出版に関する研究を行うAdvanced Publishing Laboratory(APL)を同大学の湘南藤沢キャンパスに設置することで合意した。
電子書籍の国際標準企画EPUBの管理運営が、インターネットの国際標準化団体であるWorld Wide Web Consortium(W3C)に統合され、Digital Publishing Business Groupが設けられたことをきっかけにしている。この統合によって未来の出版は、ネットのパブリッシングとより親和性を増すことになるとみて、今回の合意に至った。APLは2年間の活動を予定している。

 
(2017/6/27)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社