出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
ふたば書房と大垣書店、「和昌会」で版元と情報交換

10月18日、京都・上京区の萬重で第27回「和昌会」を行い、出版社や取次会社など48人が出席して情報交換した。
ふたば書房の洞本昌男会長、大垣書店の大垣守弘社長が挨拶した後、河出書房新社・小野寺優社長は、両書店には雑貨や文具、カフェを通じて「読者が本に辿り着けるルートがある」とし、普段書店に足を運ばない潜在読者の掘り起こしに着手する両社に敬意を表した。
ふたば書房の洞本昌哉社長は、7月に終了した第57期の業績について、「売上高は前年比96.1%で減収減益だった」と報告。期中、賃貸契約の変更もあり、書店2店、雑貨店1店を閉店せざるを得なかった事情があったことを伝えた。来年3月には京都・JR山科駅周辺に180坪の新規出店計画があると発表した。

 
(2017/10/20)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社