出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
「書店読売中公会」、読売新聞社と中公が直接運営へ

読売新聞社と中央公論新社、全国の主要書店でつくる「書店読売中公会」の第33回総会が11月15日、東京・千代田区の読売新聞東京本社のよみうり大手町ホールで行われた。会員書店との情報交換会をより迅速化することなどを目的に役員会を廃止し、読売新聞社と中央公論新社が直接運営に当たることを承認した。会員書店などで構成する販売委員会は存続する。中央公論新社の大橋善光社長は、今回の新運営体制には@「読売新聞社と中央公論新社が責任をもつこと」、A「機動的に運営すること」、B「情報の質、量、スピードを高めること」の3つの狙いがあると話した。昨年4月からの16年度同会販売金額は前年度比11.9%減だったが、今年度上半期は、『応仁の乱』などのヒット作があった「中公新書」が引き続き好調で、同15.9%増と盛り返している。

 
(2017/11/20)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社