出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
トーハン、中間連結決算は減収減益

11月28日、第71期(H29.4.1〜同9.30)中間決算の概要を発表した。連結対象子会社16社を含む連結売上高は2090億6200万円(前年同期比6.2%減)と減収。営業利益19億4200万円(同34.9%減)、経常利益10億0700万円(同51.2%減)、中間純利益は2億8000万円(同78.7%減)、親会社株主に帰属する中間純利益は2億6800万円の減益となった。
大幅な減益の要因として、連結範囲の変更に伴う今期一時的に発生した相殺処理と、連結対象会社で先期計上した特別利益が今期はないなどの一過性のものと説明。連結対象16社の損益計算書を単純合算した経常利益ベースでは、先期に対して増益となっている。
トーハン単体の売上高は2016億6100万円(同6.4%減)。営業利益24億1600万円(同26.6%減)、経常利益15億8800万円(同20.7%減)、中間純利益9億0600万円(同30.0%減)。

→過去の決算関連記事へ || →2017年決算特集ページへ

 
(2017/11/30)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社