出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
日販の平林彰社長、取次業の経営実態を語る

5月15日、東京・文京区の東京ドームホテルで行った「日販懇話会」の冒頭、平林社長が登壇。第70期(H29.4.1〜同30.3.31)の決算概況や新中期経営計画により同社グループ企業としての価値をより高めていく考えを示した。70期の連結決算は減収増益。6年ぶりに黒字になった小売事業が増益要因になった。単体決算は減収減益。取次事業は赤字の見通しと報告。これまで依存してきた雑誌収益で、恒常化している書籍の赤字が補填できない状況と打ち明けた。今後、経済合理性とデータによる企画・提案力から新たな企業価値を創造し、「出版社や書店に必要とされる取次会社」を改めて目指したいと話した。仕入流通本部の中西淳一執行役員は、配送業務の共同化をはじめ、書店マージンの改善施策に触れながら、出版社に要望している運賃協力金や正味引下げについて理解を求めた。

 
(2018/5/16)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社