出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
トーハンの近藤敏貴副社長、新社長に内定

6月5日、近藤敏貴副社長(57)を社長にするトップ人事案を発表した。5月31日の取締役会で内定し、6月28日に開催する株主総会と取締役会で承認される見通し。
川上浩明専務(58)は代表権をもった副社長、田仲幹弘専務(54)は副社長、このほか、小野晴輝常務(54)と松本俊之常務(56)が専務に。高見真一(55)と大西良文(51)の取締役2氏が常務に昇任。執行役員の齋藤貴氏(47)が取締役に新任する。さらに、青木亮二氏(55)、山下康治氏(55)、小寺勉氏(46)が執行役員に新任する。
2012年6月から社長を務めた藤井武彦氏(77)は、退任して顧問に退く。上席執行役員の中村勉氏(59)も退任。今回の役員人事案における常勤役員15人の平均年齢は54.8歳となり、大幅に若返った。
会見に臨んだ藤井社長は新役員体制について「清新にして気鋭の布陣」とし、「今後、経営には一切口を出さない」と話した。
近藤氏は「街の本屋さんがやっていける態勢をつくっていくことが、私の使命」と意気込みを語った。

 
(2018/6/6)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社