出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
北海道で震度7の地震、書店に被害

9月6日午前3時8分ごろ、北海道胆振地方中東部を震源にしたマグニチュード6.7、震度7を観測する地震が発生。停電ほか、電車、バスが不通のため多くの書店が休業を余儀なくされている。
なにわ書房は全5店舗、紀伊國屋書店も道内の全5店舗を休業。宮脇書店も道内に展開している5店舗のうち、商業施設に入居する4店舗が休業。商品が棚から落下しているという。単独店の旭川豊岡店は現在、営業している。3社とも人的被害はない。コーチャンフォーの釧路・北見・リラブ根室店などは通常営業。POSレジは使えないが、手作業で精算している。
札幌市内ではほとんどの飲食・小売店が休業中。午後2時の時点で、固定電話は繋がらない。パソコンは使用できず、携帯もつながりにくい。3日にトーハン会、4日に北海道書店大商談会と日販会が行われ、道内には出版社営業担当者が残されているが、本社などに現況を伝える手段がなく、困っているようだ。

 
(2018/9/6)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社