出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
ジュンク堂書店難波店、エスペラント語フェアが好調

同店(大阪市)3階の語学書コーナーで展開する「エスペラント語フェア」が好調。約40点の関連書を揃える同フェアは昨年9月から行われ、これまで230冊以上を販売している。昨年9月から今年8月末までの期間、エスペラント語関連書籍の販売実績は前年同期比で13倍。担当者の野坂匡樹氏は「いまも動きが止まらない」と話す。
エスペラント語関連書が売れ始めたきっかけは、昨年8月に発売されたアドベンチャーゲーム「ことのはアムリラート」だったという。同店はSNS上で「エスペラント語の聖地」といわれている。

 
(2018/10/5)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社