出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
講談社、海賊版サイトの運営者3人民事訴訟を提起

1月17日に大阪地裁で実刑判決が下された海賊版リーチサイト「はるか夢の址」の運営者3人に対し、7月9日、損害賠償を求める民事訴訟を提起、大阪地裁で受理された。16年7月から17年6月末までの期間、同サイトによる被害額は漫画だけでも約731億円と推計(コンピュータソフトウェア著作権協会「ACCS」調べ)されている。講談社の出版物に限っても数十億円を下らないとみている。今回の民事訴訟は「ヤングマガジン」「イブニング」など計8誌の被害を1億6000万円と算定、損害賠償を求めた。講談社では、3人から支払いを受けた場合、読書に係わる関連団体に寄付することを検討している。

 
(2019/7/10)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社